2004年09月28日

共に歩んでく仲間が増えました。。

夏に酷い風邪のような症状を発症。
2週間ほど内科に通ってたんだけど治らず。
そのお医者さんの勧めで耳鼻科に行ったら、実は
アレルギー性鼻炎が判明。現在治療中です・・・

鼻の病気って、あまり重く受け止められないのが
辛いところ。当人にとっては年中風邪を引いてるような
もんだから、体への負担はかなり大きいのです。
自分は特に頭が重くて、薬が切れると大変です。

アレルギーの対象はハウスダストなんですが、実は
花粉症と同じく、許容を超えると突然発症するらしいですね。
てことは、治りはしないってこと。はぁ・・・
急激な温度変化でも発作が起きるそうで、
変温動物じゃないかってくらい温度調節ができない自分なんか、
スーパー銭湯では相当気をつけないと、すぐに具合が
悪くなってしまいます。

元々体は丈夫じゃないのに長年のお付き合いに
なるものがまた一つ増えちゃいました。

そんな付き合いいらねーーーーーーーーーー
posted by にゃ at 23:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きる練習、死なない工夫

今日は新しい仕事の1日目。
初日だけはスーツ着用とのことなので、
久しぶりにリーマン出勤しましたよ♪

今度働くところは企業秘密が多いらしいので、あまり
多くのことは書けないが、凄いデカイ上に静かなので、
もう、大緊張で疲れました(´ヘ`;)
しかも、今回、5人面接を受けて受かったのは自分だけらしく。
正直なんの取柄も無かったと思うのだが、違いがあったとすれば
とにかく今までのスキルを駆使して答えたことかな。

自分、10代の頃は重度の対人恐怖症で、
いわゆるヒキコモリをしておりました。
今はちょっと大人しいぐらいに見られる程度で、
社交的な会話はできているんですが、家に帰ると
人よりもずっと疲れてしまい、職場に慣れるまでは
生活が大幅に乱れてしまうんですよね。

原因はいくつかあるけど、一番はセクシャリティの問題。
これがまた難儀で。。


男性であることに違和感はないが、自分が同性に
同性として見られること、異性に異性として見られる
ことに違和感や苦痛を感じる。
こういった悩みを抱えてる人てかなり多いのに、
これを表す言葉が現在無いために、ゲイ、または
GIDというカテゴリにとりあえず落ち着く、という
解決策しかないんですよね。
トランスジェンダーは一番当てはまる
言葉だけど、どうやら違うらしい。

セクシャリティなんでどうでもいいこと、という方も居るのだが、
ヘテロ男性とヘテロ女性の中で、自分のセクシャリティが
判らないのは、とても不安です。

ところで、対人恐怖はどうやって改善するか。
それは、やはり場数を踏んで、慣れてくしかありません。
自分がリンクしてるブログの方が、「鬱は気合いで治せ」と
書いていますが、全くそのとおり。

でも、その気合というのは、よく言われる
「病は気から」とは全く違うものです。

なんと説明しようか・・・
どうしようも無いもの=病気から、手段を駆使して逃げ出すこと。
病気を、うまくやり込めること。
そのために、医薬品を使うのもありでしょう。
ただ、医薬品は、頼りきるほどには助けてくれない、と
いうのが自分の実感です。当たり前ですが。

今でも病から抜け出せずに苦しんでいる人、
苦しさに耐えかねてしまった人、どちらも身近に居るのですが
自分もその人達と対して変わりません。
ちょっとの工夫と、大きな支えがあるだけです。
posted by にゃ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

建設中の正体は・・・

246側の窓を見ると、なにやら建物の建設中。
1ヶ月前くらいから、夜遅くまで作業をしている
のでなんだろう?て思ってたんです。

そして今日のこと。

 「ねえ、あれってファミレスなんじゃない?」

と、叔父が呼ぶ。
レンガ風の明るい建物は、確かにファミレス風。
ジョナか、サイゼリアじゃないだろうか。

 「近くにファミレスできると便利だよねえ。」

確かにサンデーサンより近くなるわけだけど、ジョナだったら
いやだなぁ・・・・ほら、例のアレ。

「ゲイはお断り!?」〜ファミレス「ジョナサン」の差別体質
(バディジェーピィ)

これが無くても、ジョナて結構居心地悪いもん。
真相を確かめるため、用事ついでに前を通ってみることに。

・・その正体は、ファミレスではなくて、
とある宗教の集会所の模様^^;

大の宗教嫌いの叔父は、聞いたとたんに不満を言いまくり。
自分は宗教に対する偏見はないけど、でもなぜ246沿いなんだろ?

宗教の施設といえば、思い浮かぶのが友達のアパート。
すぐ向かいが集会所になっていて、朝の8時ころと夜に
必ず太鼓&鈴の大音響・・しかも毎日。
看護士やってる彼にとって、悩みの種らしいです。

信仰する人としない人との、宗教に対する
見方って、真っ向から対立してることが多いですよね。
お互いがお互いを理解できないと言うか・・・
うちの両親も、とある宗教の信者なんですが、子供の頃から
その思想ややり方について、かなりぶつかったことがあります。

自分の中心とするものって、人それぞれ違う。
それが、宗教の人も居れば、それ以外の人も居る、という
考えがあるので、自分はどちらか一方に批判的な意見には
ちょっと反論したくなるんですが、相手自身を否定することに
なりかねないデリケートな問題だけに、難しいですよね。

ちなみに自分の信仰するもの・・・なんだろう。
コミュニケーション、かな。
ちょっと寒い・・
教会
posted by にゃ at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 南町田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

不満ばっかで申し訳ないが・・ラーメン甲子園

横浜市営地下鉄センター北駅の駅ビル、itaiに
今年オープンした”ラーメン甲子園”。
兼ねてから行きたいと思ってたんですが、
本日お昼に行ってみました。

詳細はこちらに詳しいです^^;

「ラーメン甲子園」 7店で三冠争い、横浜にオープン(asahi.com)

テーマパークらしさを想像してたんですが、普通に
ラーメン屋が並んでるってだけなんですね。。。

朝からなんも食ってない自分だが、まずは叔父の
希望を聞き、極一へ。

自分はそのまんま、極一という名の
極こってりトンコツを頂いたのですが。。

「中華スープごまマヨネーズ味」とでも言おうか。
なんか、辛いな、これ飲み干すのは。粉っぽいし・・
麺と具を食べて、置いてきちゃいました。

これでは納得がいかない。頑張って次を食べることに。
叔父のリクエスト”山小屋”はトンコツなのでパス。
塩と醤油の”呑ん器”を選択しました。

しかしこれが大失敗! orz...

細切りの唐辛子や、変わったメンマなど、ビジュアル的には
好きだったんですが、インスタント麺が染みちゃってるような
スープに感じたのは、極一にやられちゃったせいだろうか・・
それと、塩ワンタン麺を頼んだのですが、ま、まさか・・・

ワンタン、冷凍じゃないですよね?

そんなわけで、ラーメン目利き甲子園には完敗の自分達。
意地になってまだ食べたかったんだけど、限界でした。

それにしても、このただのフードコート状態、
改善した方が良くないでしょうか。

投票で優勝者を決める、てのが売りなのに、
一番理解できないのが、ミニラーメンがないこと。
勝敗、決めれねえじゃん。

神奈川や横浜て、おいしいラーメン屋が沢山あるじゃないですか。
そこよりもここを選ぶ人は、もっとイベント性を求めてる
人達なはず。。考えていただきたい。企画者&石井さん。

・・・て書いたら、投票で決めるのではなく、売上だったのね!
組織票防止のためかな・・・それでミニラーメンがないのか・・

ラーメン甲子園案内

ラーメン甲子園
posted by にゃ at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

文化からセクシャリティへ―「薔薇族」廃刊

雑誌「薔薇族」が廃刊(nikkansports.com)


木村べんのイラストや、三島由紀夫の詩、そして
薔薇という言葉。そこから受ける印象は、とても
趣味性の高い印象があったんですよね・・・とりわけ少年愛の。

ゲイ雑誌の需要て年々減ってきてますよね。。
自分も、店にあったら読むのですが、買ったことは無し。

大きな要因としてはインターネットの普及なのでしょうが、
もうちょっと突っ込んでいくと、インターネットによって
住み分けがはっきりしてきたのが一番なのでしょう。

マニアックなものがそのまま存続できるインターネットの
良い部分は、嗜好が細分化しているゲイにとっても好都合で、
それぞれのジャンルに老舗サイトが存在して、今もきちんと
運営できてる、重要なコミュニケーションの場の一つになっていますが、
雑誌は、独自性を確保しつつ進化していかなければ
すぐに休刊に追い込まれてしまう現状。自分の愛読誌も
消えてしまったり、くだらない媚び売りになったり・・
薔薇族も、BadiのようにHPとうまく連携をとる方法を
考えていたようですが、ちょっと遅すぎたのかもしれません。

それと、若い世代に限ってですが・・
自分が出会いを求める頃には、ゲイは”セクシャリティ”と
して認知されていたんですが、上の世代とお話すると、
「趣味」とか「こっちの世界」とか、アングラな”文化”としての
認知をされてる方が多いようで、そこに感じる温度差が、
薔薇族に感じるギャップと同じだったと思います。


日本でゲイ”文化”が盛り上がっていれば、また
違うのかなぁと、映画「パーティモンスター」を観て思いました。

ファッションや音楽をきっかけとした、エンターテイメントや
思想が無いまま、セクシャリティとしての正当さを主張して
しまったために、アメリカのゲイにあるような独自性は影を
潜めてしまって、それを嫌う”ゲイのゲイフォビア”なんて
のも生まれてしまったんですよねえ。

最終刊には、最後の挨拶などは無い模様。
同性愛を支えつづけた雑誌として、終わりにはしたくない、
ということでしょうか。


※薔薇族は、復刊しました。
ロゴがBadiを意識した「BZ」になってます。


パーティ★モンスター
パーティ★モンスター

posted by にゃ at 21:31| Comment(3) | TrackBack(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

南町田病院、もうすぐです。

駅前に用事があり、マンションの裏道を通っていくと、
南町田病院の前に沢山のリーマンさんが(*´д`*)
いよいよ10月にオープンです。昨日はセレモニーを
やっていたなぁ。

診療科は12。

内科 小児科
外科 整形外科
脳神経外科 泌尿器科
消化器科 循環器科
呼吸器外科 肛門科
リハビリテーション科 麻酔科

救急・急性期型と書いてありますが、通学路にも
なっているあの狭い道を通る時の対策は十分なんでしょうか?
なんにしても、これでまた一つ街らしくなりましたよね。

まだまだスタッフ募集との事で、他に
移りたがってる友達の看護士に教えてあげたのですが、
”住宅補助が付いてないなんて論外”だそう・・・

まぁ、頑張って下さいよスタッフのみなさんー


南町田病院HP

病院
posted by にゃ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 南町田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せになる”ため”のイタリア語講座です。

幸せになるためのイタリア語講座 デラックス版
幸せになるためのイタリア語講座 デラックス版

シカァーーーーーーーーーーーーーーー

と、変な溜息が出てしまった。

現在、大変落ち込んでしまいまして。
休みだというのにお留守番で・・・

そんな気分からいち早く抜け出して”幸せになるための
のイタリア語講座”なのに、とてつもない切なさに
息苦しくなってしょうがない。ヌヌヌ・・・・


幸せを掴めない。寂しい。上手く行かない。
そんな人達が少しづつ集まったイタリア語講座の教室。
それぞれの境遇は変わらぬまま、観始めて1時間に人が3人も
死んでしまう。小さなプラスの展開があるのに、気分はずっと
そのすぐ下のマイナスを漂って抜け出せない・・・

そりゃあ、大抵の人の人生はちょっとだけマイナスで、
ささやかな幸せを作り出しては時々プラスへ飛び跳ねるもんだ。
でもそんなの皆わかってるし、だから”幸せになる”と
書かれたこのパッケージを手にとるのだと思うが・・


ラスト、父の遺産が発覚した姉妹は講座の仲間を
イタリア旅行に誘う。その旅の中で
やっとパートナーと結ばれるのだけど、それは
まだ幸せになるための旅の始まり、てことなのだろうな・・


はぁ・・・・・マジで幸せになりてぇ・・・



posted by にゃ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

東京ミレナリオ・・・・終わりなんですか!?

運転士魂さんのブログで紹介されていて、
あーそういえば今年はどんなんだろうなぁとちょっと
検索してみたら、こんなんが飛び込んできましたよ。

「東京ミレナリオ」来年で最後に、東京駅舎の工事で
(NIKKEI NETより)

えええ!あと2回!?
でも、工事が無くても、このイベントは大変なものだった
のではないかなぁと思う。

丸の内仲通りを突っ切る会場。
端っこから端っこまで人でびっしりになり、少し
遅く来ようものなら○時間待ち、なんて言う異例の
入場規制に遭遇してしまう。
そのため会場のスタッフもピリピリしていて、あちらこちらで
「立ち止まらないでくださーーーい!!!」
なんていう、ありえない注意が飛び交っている状況。

これこそ写真に撮りたい物であろうが、進行を促され、
ただでさえ手ブレの激しいデジカメで撮るのは至難の業で、
辛うじて撮れたのはこの一枚。しかもこれ、一昨年の・・・

工事終了後の再開は未定らしいけど、どうだろうか、場所を
移してみたりしないだろうか・・・無理か。
ビル群の明かりを消せる真っ直ぐの道なんて、あんま
あるもんじゃないよなぁ・・・・

今年は手ブレしないカメラを購入して、残りの
開催の景色をしっかりと、残しておきたいなぁ。

ミレナリオ
posted by にゃ at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サウナ式アトラクション! 湯けむりの里 ”潤気洞”

以前こちらで紹介した「すすき野 湯けむりの里」。
今回は時間があったので、遂に”潤気洞”に
入ってみることにしました!

ところでこのサウナ、HPを見ただけでは、いまいち
使い方がわからなかったんですよねぇ・・・自分だけ?
というわけで、流れを説明したいと思います。

まずは券売機で”潤気洞のチケットを購入。500円です。
それを持って受付へ。入替え制なので時間指定があります。
ここで案内を渡されるのですが、それがそのまま整理券と
なるので管理に気をつけましょう。これ、説明ありませんでした・・

時間まで、ゆっくりとお風呂で温まりましょう。
時間が近づいてきたら、受付で渡された浴衣とパンツを着用し、
施設のあるとこに集合します。場所は受付の手前の階段。

集合は5分前まで。原則として、集合に間に合わなかったら
入ることは出来ず、返金もされないそうなので注意!

階段を上がると、専用の受付があります。
そこに整理券を渡して、マットを一枚貰います。

開始を待つ間、備え付けの水を必ず飲みましょう。
普通のミストサウナや低温サウナよりも発汗しますので。。

開始時刻になると、スタッフが案内。男女それぞれの
部屋に分かれて25分間のリラックス・・・

と、こんな感じで。今回、一人身は自分だけだったので
勝手がわからずちょっと戸惑いました。。。


室内は最初、ちょっと低すぎるかな?てくらいの体感温度で、
自分のようなサウナが苦手な人間でも心配は要りません。
一畳分のスペースに敷き詰められた石も熱くは無い。
でも、開始5分もすると、少しづつ汗が滲んできます。
それが、負担にならない程度にゆっくり汗ばむので体は楽。
音楽になんとなく耳を傾けながら、あっという間に時間が
過ぎていきます。低料金で楽しめるこの空間は、まさに
サウナのアトラクションという感じで凄く面白いです。

その他気づいた点をいくつか。
音がちょっとだけうるさい。特に波の音。音質も良くない。
MIDI音源のような電子音もちょっと・・
音響も、もう少ししっかりとしてほしい。

それと、明るさ。
もう少しだけ暗くてもいいかなぁとおもいます。監視カメラがある
ので、サウナにありがちのトラブルは起きないでしょうし。

利用する際、コンタクトは外しておいた方がいいかなぁと思います。
水分が大分失われるので、自分は目が痛くなって外しました・・
利用後は、鏡で見て解るくらい、顔に水分が無いので、
ローションは持参した方がいいかもしれません。

今まで、湯快爽快が一番だったのですが、この施設は何度でも
利用したくなるものになっていると思います。お勧め。

詳細:
すすき野湯けむりの里”潤気洞”
posted by にゃ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

すき家の牛丼食ってきました

今日は叔父の新車を取りに行き、合わせてETCの
取り付けをしてまいりました。

取り付けを待つ間、近くにあったすき家で昼食。

もちろん牛丼を注文しましたが、本当はここの
カレーが大好きなんだよねぇ。後ろめたい・・と
思ったんだけど、忘れてました!あいがけカレーの存在。
まあ、しゃあないかぁ・・・orz

今回の牛丼、オージービーフを使ってるんですけど、
米牛とどう違うの?てくらい普通にウマい!!
豚丼が全く馴染めなかったものとしては嬉しい限りです。

でもこれって、これから恒久的に続くものなんかな?
コストとか、そういうのはわからないんだけど、他の
会社は米牛を待つことの理由がきっとあるんでしょうね。

こういうのって年間契約なんでしょうけど、もし
米牛が解禁になっても、できるならオージーで頑張って
いただきたいですね。我が物顔の米への戒めとして・・

牛丼
posted by にゃ at 16:22| Comment(0) | TrackBack(4) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

想いは押し戴くものである。

14日は誕生日だったのですが、その2日後、
ブラジルでボランティア中の知り合いから
プレゼントが届きました。

中身は、多分チョコ味のプロテイン。
ダイエット中というのを知ってのことか、でも
表記がポルトガル語なんで成分わからず。。。でも
ちゃんと使う。

それともう一つ、キーホルダーが入っていたん
ですが、それがこちら。

ピラニア

・・・・・・・・・・・
その生々しさに驚きを隠せませんが、お口が
パックリ開いているので、思い切って覗いてみました・・・

わ〜い! 本物のお魚さんだぁ〜!!!   orz....

でも、人から貰うものって、なんでも嬉しいですね。

今でも交流のある元彼からもらった、大きめの
バスタオル、もう3年以上使っていて、ゴワゴワで
本人から「もう捨てれば?」と言われてるんですが、
こういうものって一体どうやって捨てるのでしょう?

ただのゴミに出すのなんて、とても躊躇われます。
貰い物を捨てるときの風習、針供養みたいなものが
あればいいのになぁ、と少し思ってしまいました。

posted by にゃ at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BREW CAFEの情報をお待ちしております。

ちょっと用がありまして、大田区は下丸子へ。

南町田からは、二子玉川で大井町線に乗換え自由が丘、
東横線の多摩川から多摩線でゆらゆら揺られ、
1時間といったとこ。

東横線ていいですよね・・
田園調布、自由が丘、都立大学、祐天寺、代官山・・
道産子のおのぼりさんとしては、いつか住みたい街ばかり。

そんな気持ちで外を眺めながら到着。
予定の時間より大幅に早かったので、探索してみました。

そこで見つけたのがこの”BREW CAFE"。
今年の6月オープンらしいのですが、まず目を引くのが
このグリーンのタイル貼りのビル。
写真で見るよりももっと鮮やかです。住みたい!!
店内も遠めに覗いてみたんですが・・
競馬帰りの負けリーマンな格好してた自分には、とても
オシャレすぎて入れませんでした・・・

ぜひとも、一緒に行ける人を探して颯爽とカフェしたいです。。


BREW CAFEのHP

BREW
posted by にゃ at 00:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

伊豆へのドライブ 其の四

今回の旅の最後、修善寺へと車は走ります。

修善寺て、自分の中ではとても静謐で情緒ある街並みが
連なっているイメージだったのですが、全然普通ですね。。

ここでは、ちょっと新しめの公衆浴場、筥湯に行くことに。

写真の建物の上にもお風呂があるらしいのですが、そこは
入れず、普通の浴槽の方へ。
スッキリとした景観の檜風呂。
人もそんなに多くなかったので、ゆっくりと浸かることが
できました。

他に見るとこがなかったので、これで帰宅。

なんだかいつも以上に疲れた自分は、ずっと寝たままの
帰り道となり、ちょっと配慮がなかったかなと反省・・

来週は新車が遂に来る。
ドライブ、また連れてってくれるんかな?


温泉
posted by にゃ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊豆へのドライブ 其の参

お昼は堂ヶ島へ。

天井に穴の開いた”天窓洞”を見ようと来たのですが、
そういえば最近、「お台場冒険王」でここを訪れてましたね。
しかし、お目当ての遊覧船は強風で欠航・・・

「せっかくあの洞窟を見せてあげたかったのに」

と、叔父に嘆かれました。

ところで、”見せてあげたかった”て言葉、良いですよね。
ちょっと萌えました(*´д`*)

気を取り直してもうひとつの名所、”三四郎島へ。

海


干潮を迎え、島へと続く道が出来ているその光景は眩しい!
が、岩のゴロゴロしたこの道を進むので精一杯(汗)・・
それでも島に到着し、しばし堪能しつつ休憩。
その前に天窓洞上を探索してた二人は、体力の限界!
ハァハァ言いつつ、加山雄三ミュージアムに移動しました。

どうやら展示場とその他は分かれてる模様で、
1階にあるレストラン"windy"でお食事。
水をガバガバ飲みました(笑)
光進丸カレーと若大将セットに惹かれながらも、
そんな熱いもん食ってられないのでおそばを注文。

堂ヶ島でお車で来られる際の注意点を一つ。
小太りのオサーンの誘導は避けましょう。
ここらの駐車場は無料なのに、無料駐車券を渡して、下の
お土産屋で買い物させようというカラクリを使ってきます。
確かに商売大変なんだろうけど、ウザいしいい気はしないです・・

まあでも、ここいらの海って爽やかだなーと感動しました。

posted by にゃ at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | マカポセレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊豆へのドライブ 其の弐

お次に向かったのは大沢温泉。

大沢荘よりちょっと先にある、”山の家 露天風呂”。
入り口の鄙びた佇まいだけでも、満足できますよね。

以前は混浴だったという話を聞いたんですが、今は
男女別の脱衣所があり、お風呂も仕切りがあります。

先に入って、立って仕切り越しに話してるカップルを
気迫で追い出し(たつもりはないんだけど)、ゆっくりと
湯を堪能。
熱めの深い湯船。上を見るとすぐ林になってて、人が居なければ
本当にリラックスして入れる雰囲気の良い温泉。

源泉かけ流しで、美肌効果があるそうです。

大沢荘
posted by にゃ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マカポセレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊豆へのドライブ 其の一

夜中に突然、
「誕生日だからドライブ行く?」
と叔父が言い出した。
どうやら、新車の納車前に最後のドライブに行きたいらしい。

という訳で、今回は伊豆に向かいました。
道はもちろん空きまくりで快適な走行。
5時くらいには、石廊崎に着いてしまっていて、
7時に早速向かいました。

人、イネエナァ・・・・
しかも、岸壁までは心臓破り級の坂。
潰れたアミューズメントの建物が哀愁を誘います。

景色はとても綺麗!
海の雄大さを感じさせる、力強い景色です。
街並みも雰囲気がいいですね。
閉鎖感はないけど人里離れた、都会の人が好きこのむ、
明るい漁師町です。


石廊崎
posted by にゃ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マカポセレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

スースーしちゃうんでしょうか?

メントール配合のゴム・・・

今度使ってみます(*´д`*)


コンドーム
posted by にゃ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

それじゃあ虹になれません・・

9月7日は、BOSS「レインボーマウンテン」の
発売日でしたね。新物好きの自分は早速コンビニへ。

・・・マズっ・・・・
豆乳コーヒーのような・・・
あれは豆乳という付加価値があるわけだからいいけど、
BOSSでこれじゃ遺憾でしょ。あんな意気込んだCMしといて。。

自分が最近気に入ってる缶コーヒーといえば、
今急速に増えてる190gボトル缶のDyDo「薫」。
元々DyDoが一番好き、というのもあるけど、この
エスプレッソモカな濃厚さは満足。
ていうか、くどいので一口で満足・・・ボトル缶で正解。

カフェだったら、自分の一番はTULLY'Sかな。
内装が落ち着くし、コーヒーが好み。
バレンタイン限定のコーヒーが、カカオが入ってて
ブラックで飲んでも程よい苦味で美味しかったなぁ・・

ただ、エクセみたいに大抵の駅に必ずある、て感じではないので
見つけたらなるべく寄るようにしてます。

レインボーマウンテン
posted by にゃ at 13:36| Comment(5) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

暇つぶしに読書。ケータイで。

自分の場合、性欲に関しては波があって、
 「セックスなんて虚しさを証明するだけ・・」
と鬼束ちひろな気分になるときもあると思えば、
 「今すぐ盛りてぇよハァハァ・・・」
なオス剥き出しの時期もあり、それを知り合いのSの方に
月の満ち欠けに関係が、と説明したところ、お前は女か!
と笑われました。

以前から、ケータイで書籍が読めるアプリは気になって
いて、一度ダウンロードしてみたものの、正直
100円で買っても後悔するような、魅力の無い品揃え・・
パケ代もかかることだし・・と思ってたところに見つけた
とある記事。そこで紹介されてたのがこの本なんです。

日記仕立ての文章は、正直SMがなければそこらの
ネットアイドル並にイタイくらいのもので、しかし、
飽くまでライトに書いている姿勢と、ドロドロは
していない愛に溢れた様子になんだか親近感が沸いてしまい、
するすると読めてしまう、その秘密は、SM行為が赤裸々に
書かれているのに、その視点は女性が男性に望む性態度や
感情を表現していて、SMが理解できなくても共感してしまえる
性愛小説になっている。まさにケータイで普及できる文章です。

これを読んで、Mの女性に性格的な傾向ってあるんだろうかと
思い、前述のS男性に聞いてみたところ、
 「ほとんどがメンヘル、しかもボーダー」
という答えが返ってきました。。
自分もボーダー。うーんとっても判りやすい。。

特に顕著に見られるのがボーダーの代表的な傾向、
”現実もしくは自分の想像の中で見捨てられる
 ことを避けようとするキチガイじみた努力”
という部分、いわゆる構ってチャンが多いらしく、
それを上手くコントロールできるのがS男性のすごいとこ
だなぁと思った次第です。
”見捨てられ不安”自体、誰もが持ってるものなんだけど、
ボーダーのそれは本当に強烈。一番酷かったころの自分
なんて、そりゃもう・・・手段選ばなかったすよ・・コワイコワイ

単行本では結構前に発売されてたようなんですが、ケータイ
の方ではまだ全てを公開しておらず、続き待ちです。
WINは一冊丸ごとらしいですね・・・機種変、しようかな。


寿司とマヨネーズ―ある愛の記録
寿司とマヨネーズ―ある愛の記録

posted by にゃ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月06日

2丁目で食事といえば、cocolo cafe

土曜日はオフ会へ出かけました。
開催されてもう8回目になるこのオフ、セクシャル
マイノリティのみで集まるもので、自分も何度か
幹事をしたことがありまして、顔見知りも多数。

今回の一次会、本当はバーベキューだったのですが、
葛西臨海公園の予約がとれず、結局2丁目にあるダイニング、
cocolo cafeになりました。

2丁目はゲイの街という印象ですが、中心である仲通りにも
普通に食事できる場所がちらほらあったりします。
このお店も、メインの通り近くにありながら、客層は
男女のカップルや友達同士が多数。

ちょっと暗めなため、席に座るとまず置かれるのがキャンドル。
メニューは、一品料理は意外に少なくて、結構ボリュームあり。
肉類がちょっと多い気がします。
ドリンク・アルコール類はカクテルを中心にとても豊富。
自分のお気に入りは濃くて深いコクのあるベトナムコーヒーです。
デザート割と凝ってて美味しいので、食事後に来るといいかも。

ただ、一つ気になるのは接客態度の悪さ。
店長らしき人を始め、とても無愛想です。
今回も、お勧めパスタを聞いているのに「メニューの裏に
書いてあります」の一点張り。普通、教えてくれるだろ。。
そのため、人の態度にシビアなゲイの評判はとても悪いです。

それでも、ノンケさんなどを連れてくと、料理の出来とオシャレな
雰囲気で必ず気に入ってくれるので結構通ってます。

ディナータイムは結構混んでいるので、大人数は要注意。

cocolo cafe
posted by にゃ at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。