2004年10月09日

業務連絡も兼ねて 日本のセクシャリティ事情

前のバイトの女の子の会話。


 「前、オナベバーでかっこいいですねて言ったら、
 オナベに照れられちゃって、てか、お前、女だろ?
 て思った。」

いつも楽しく読ませて頂いてるブログのpinkyさん
から、日本て偏見がどのくらいあるの?という
質問をもらったので、現状をちょっと
まとめてみようかと思います。

自分が家族にカミングアウトした時

父 :「気持ち悪い」
母 :泣いた
長兄:「(創価学会に)ゲイのコミュニティもあるよ」
次兄:「あんまお母さんに迷惑かけんな」
長姉:それには触れない
次姉:寛容(但しオカマだと思っている)

と言った反応でした。
これが職場だった場合。
彼氏の同僚と食事行ったりする、とか
ネタ的に明るく受け止められているなんて
話も聞くのですが、たいていは

・表向きは普通に接する
・必要なこと以外は避ける
・いじめ

なんてことが、一人でも寛容な人間が居なければ
どんな立場であっても起こり、何事も無いなんて
ことはあまりないでしょう。

勘違いされやすいのですが、オネエは言葉や仕草
そのものを指すのであり、性対象であるゲイ、
ジェンダーとしてのニューハーフとは違うものです。
しかし、メディアに出てくるのは総じてオカマと
認識されてしまうような人ばかり・・

ゲイ=オカマという誤解が生まれるのは、
個人的にはカミングアウトしている有名人が
日本にはほとんど居ないからだと思っています。

海外の詳しい事情はわかりませんが、
カミングアウトしてる有名人と言えば
エルトンジョン、マイケルスタイプ、
ブライアンシンガー、フランソワオゾン、
元スウェードのサイモン、PPSB、ボーイジョージ、
ぱっと思いつくだけでも結構いるんですよね。
名前忘れたけど、タイのGIDの方は
ミスコン女王になって活躍してますよね。

日本では、GIDを公言するKABA.ちゃんは
いつのまにかオカマになってるし、
誰もがゲイだと知っているマッキーだって
公にはしてませんね。
セイクシャルマイノリティを公言しても
問題ないはずの作家業界にも居ない・・
噂はあるのにねえ。

そういえば、以前、ノンケさんがこう言ってました。
カミングアウトは本人には重要かもしれないが、
わざわざ言われるのは興味ないし迷惑、と。

その人の中では、
セクシャルマイノリティ=性的な話題のようで。
しかし、実際の職場では、純粋にジェンダーフリーな
環境など存在しないし、個人のセクシャリティや
性別を意識したコミュニケーションになるはずです。
その場合に、セクシャルマイノリティが自分の
アイデンティティを確立しようとするのは
迷惑というレベルの話ではないと思います。

自分自身、かつてはゲイフォビアで、
生理的嫌悪というのは理解できるので難しい
ところですが、この現状をもう少しだけ変えていく
動きがあってもいいかなって考えてます。
それには自分も含めた個人の行動も
必要ですけどね。





posted by にゃ at 12:02| Comment(10) | TrackBack(1) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「自転車は軽車両」に考える常識とマナー

きっと小学校でも習っていて、自動車教習所でも
もう一度習うはずなんですが、全く守られて居ないもの。

"自転車は路側帯と自転車可の
 標識のある歩道を走る"

実は自分も全然気にしてなかったし、ベルを
鳴らされたら素直に避けておりました。

でも、これは大変な間違いじゃないかと、
だんだん思うようになってきました。

なぜ、ルールは守られず、自転車が歩行者を
避けさせてしまうという状況が起きたのでしょうか。

マナー意識の低下や路側帯の危険性など、
考えられる原因はあるのですが、自分が思ったのは
"早いものが優先"になる社会の暗黙の常識が
蔓延しているために、このルールがなかったことに
されてしまってるのではないでしょうか。
実際、鳴らしてる側の罪の意識はなさそうで、むしろ
歩行者側に対する不快感が当然のようにあるようです。

このように、常識とルールが逆転してしまってる場合、
マナーは守られるべきものから、守られてほしいと
願いつつ、妥協するしかないのかなぁ。

ルールは決まりごとでマナーは意識。
自分はそういったバランスで考えています。

例えば電車の

「優先席付近では携帯電話の電源をお切り下さい。
 それ以外の場所ではマナーモードにお切替の上、
 通話はご遠慮下さい。」

というルール。
未だに通話してる人は見かけますが、それは悪いこと
である、という意識で車内は統一されているし、
メールまでは禁止せずに緩和されているため、
イライラも減り、結果、マナー違反の人間は
それほど気にならなくなってますよね。

しかし一方で、その図式では悪循環が起きそうな
ルールの提案が、最近話題になりました。

15歳未満セックス禁止。

性衝動真っ只中の時期に対して親ができることなんて、
せいぜいコンドームを渡すくらいに留めておくべき
だし、それこそが一番重要じゃないでしょうか。

仮に、これが認定された場合、セックスを「悪いこと」
にしてしまう親が増えるのは避けられず、思春期に
避けられない欲求自体に悩んでしまう、最悪の事態を
免れないし、影で行われる性的な危険や犯罪を
見落とすことになってしまうことは、容易に想像
できるはずです。


ルールとマナーと常識、難しい問題ですが、
一つの思考ではなく、多方面の意見を大いに
ぶつけ、固まらずに常に見直されるものに
なってほしいですね。


posted by にゃ at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月08日

いつのまにか小島麻由美のアルバムが!

最近本当に音楽に疎くなってきたなぁ・・・
老化傾向でしょうか。
全くこのアルバムの存在に気づきませんでした。

小島麻由美をアルバムで聴いたのは前作の
「愛のポルターガイスト」からなんだけど、曲単位なら
”おしゃべり!おしゃべり!”とか”わいわいわい”なんか
かっこよくて昔から気になってたんですよねぇ。
今んところ、アルバムは全部手に入れて、一気に
聴いて歌ったりしてます。

この人の凄いのは、音のための歌詞を書ける事。
それは語感が良いというだけでなくて、歌詞カードで
は割とシンプルめな歌詞が、歌になった途端に強烈な
意味を放っていくので思わず引き込まれてしまいます。

その中で今ハマッているのは
"セシルカットブルース”と言う曲で、
卑猥で周到な音を刻むドラムの鳴るムード歌謡をねっとりと、
でも飽くまで曲を大事にして歌っていて、最後の
 
「Cecile got blues」

の言葉で情念と快楽をジト〜と絞りだす、聴いてて
体が火照る気持ち良い1曲です。

さて、今回のアルバム、渋すぎるナンバーで
構成されてて吃驚しました。

今までの流れを汲む”蛇むすめ”でさえなんだか
バンドサウンドって言いたくなるくらいの演奏との
一体感があり、スキャット、ロカビリー、ブルーズなどを
どの曲も奇をてらわずに聴かせてくれる。
こんなにプロフェッショナルに徹した作品って、
ベテランシンガーのライブじゃなきゃありえない。

今回、"ブルーメロディ”がリードシングルだけど、
一番キャッチーで面白いなと思ったのが"茶色の小瓶”

'60のTVドラマが思い浮かんでくるカントリーナンバー。
アルバムの最後の方に置かれていて、
心地よいエンディングがいつまでも続くような
気分にさせてくれます。

ライブ行きたいなぁ。でもチケ取れないだろうなぁ。


パブロの恋人
パブロの恋人
小島麻由美, 塚本功
posted by にゃ at 23:14| Comment(2) | TrackBack(3) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月07日

性的職場環境改善!なのに・・

今働いている会社に、イカホモさんが一人居る。

仕草はそれほど変でもないのだが、
男なら誰彼構わず凄まじいセクハラ攻撃を
仕掛けるので有名なんです。

そのために、職場はホモ臭さに敏感になってしまい、
普段無防備に過ごしていた自分がカモフラを駆使して
必死に職務をこなしてる状況になってしまっている。

25年生きてきて、こういった問題には多少慣れている。
はずなのに・・困ったことが起きてしまったのだ。

同じ職場に居て、話も時々したりする人。
ヤクザぽいけど、同時に幼さも醸し出している顔立ち。
体は柔道選手のように大きくて、後姿はなんだか
オッサンくさいんだけど、どうやら自分より年下らしく、
その世代特有の舌足らずな喋り方をする。
いろんな要素を持ち合わせてる、自分が好きになりやすい
タイプの人だ。

話す度に一つづつ、特長に気づいていく。
まあ、太ってるよねぇ、でギリギリ落ち着いた
のだけど、実は常に筋力トレーニングは
欠かさないことを最近聞いてしまった。

あの体って、脂肪じゃなくて筋肉なんだぁ・・(*´д`*)

それ以降、一日中、仕事中も
そいつの事が頭から離れなくなってしまった。

どうせ、欲情してるだけなんだろうと思って
いろいろシチュエーションを想像してみるんだけど、
思い浮かぶのは、終電で隣で眠っている顔とか・・


ドライブで何度もこちらに向ける笑顔とか・・


誰も居ない真冬の江ノ島で、
「寒いね。」
とコートのポケットに入れた手を見つめて
いるのに気づいてしまい、迷いながら
真っ直ぐ前を向いた目の端で自分を
捕らえながら、ようやく決心してこちらに伸ばしてきた
手の一番最初に届く人差し指の爪の形とか・・(笑)


それって、恋じゃん。


うわ切ねえ!!。・゚・(ノД`)・゚・。
毎日頑張って生きているのに、
これから普段のままの態度で顔を見ることが
できなくなりそうで超怖い。

なにごともなく暮らしたいのにー!
posted by にゃ at 00:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月06日

井上陽水トリビュート!

既に話題になってますね。

トリビュートって今年も数多く出ていて、
音楽に疎くなってきた自分が覚えてるだけでも、
pillows、FISHMANS、真心ブラザーズなど・・
最近は大御所で無くても、リスペクトするアーティストが
多ければ作られる傾向にあるようです。
特にFISHMANSは沢山のアーティストが影響を受け、一番
望まれていたトリビュートだったのではないでしょうか。

どの作品も、参加アーティストの傾向というのが
あるんですが、今回は・・・30代前半向け?
例えば、陽水をリアルタイムで聴いていた世代の
棚に置いてあるようなアーティストよりも、J-POPの
中から、スタンダードな音、安定した歌が好きな人に
好まれるような人選が多いかなと思います。


朝の目覚ましTVで何曲か流れたのですが、
例えば奥田民生が歌う「リバーサイドホテル」。
民生なら他の曲が・・と思ってしまうんですけど、
声質としては意外に合ってるかも。

「心もよう」を歌うのは平原綾香。
うーん、もっと声に芯がある人が・・・

人選で気になるのがジェーン・バーキン。
ええええ????
これは、ファンなら判る類のものなんでしょうか。
何年か前に歌を出したような気はするけど・・

さて、自分がこのアルバムを取り上げたのは、
CD化が待ち望まれていた曲が収録されているからです。

それは、UAの「傘がない」。

数多くのカヴァーを歌っているUAの中で
最高だと言われていたこのカヴァーは、ライブで
歌われた音源しか無かったのですが、今回、
同じアレンジで収録されている模様。
自分は、そのライブ音源の方を持っているんですが、

”それは いい事だろう?”

という歌詞についての表現力に感動して、
何度も聞いた覚えがあります。
是非早くクリアな音で聴いてみたいです。

井上陽水の名曲の数々をいろんなアーティストが唄うアルバム (仮)
井上陽水の名曲の数々をいろんなアーティストが唄うアルバム (仮)
オムニバス
posted by にゃ at 21:18| Comment(2) | TrackBack(3) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

RSS悪戦苦闘

ducksさんのブログにRSSのことが
書いてあって、そういえば自分もブログ沢山読むしなーと
導入を検討してみました。

いろいろ見回ったんですが、ducksさんと同じく
どれが良いかさっぱり判らず・・・でも、
そういえばプニルってカスタマイズが売りだから、多分
RSSリーダーってあるよね?と思いググッてみると、
確かに存在しましたRSSバー for Sleipnir
早速導入して・・・

と思ったら、ZIPファイルが空。なぜ!?
LHACAも最新版なのに・・・・しょうがないので
もう一度DLしてみる。今回はOK。

しかし、問題は次から次へと出てくるのであった。


解凍したファイルをpluginに入れなきゃいけないん
だけど、そのpluginとやらが見当たらない。
何度みても、どこにも見当たらない。
泣きそうになりながら一時間経過。落ち着いて、ここで
初めて原因を探りにググってみる。

あ、プニルのバージョン古いや(゚▽゚*)

最新版のバージョンは1.66なのだけど、自分の
使用してるバージョンは1.42。
今までなんで気づかなかったんだろうか...orz

無事DLを終えたけど、バージョンが古すぎるため
IEのように上書きはされず、どうやら手動でお気に入り
などのファイルの移し変えをしなければいけない模様。
早速やってみるが、何度やってもお気に入りは出てこない。
機転を利かせてIEにインポートを試みるが、無効と表示・・
まさか・・・

消えた!?

その通り(´Д⊂
いろいろごちゃごちゃやってるうちに、変に上書きして
しまったようで、よくみるとデフォルトの検索バーも
何も表示されなくなってる。
ここまでで2時間経過。自分のヘタレ加減を恨みつつ、
もう一度インストールすることに。

無事pluginフォルダのEXpanel(だっけ?)に格納し、
プニルを再起動するが、まだ拡張パネルは見つけられない・・

また1時間間を費やし、やっと見つけました。
表示→コントロールバー→エクスプローラバー→拡張パネルを
チェック。すると、お気に入りやらがある左部分に箱みたいな
アイコンが。はぁ・・・

ここで完全に疲れ果ててしまい、正直使い勝手とか、
比較とかする気になれません。
ただ、RSSを、ブログを訪れた時に簡単に登録できたら
いいのになぁと思いました。

CD返さなきゃいけないのに、この記事を書くのも
含め、4時間はPCの前に居た自分。
中毒ですかね・・
posted by にゃ at 21:39| Comment(4) | TrackBack(0) | サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

ラーメン甲子園 〜リベンジ〜

前回の悲しい結果に納得行かず(゚Д゚#)
今度こそはとやってきましたラーメン甲子園。
因みに前回はこちら

1件目は迷わず山小屋へ。
山小屋ラーメンを頼みました。

薄切りチャーシュー(゚Д゚ )ウマーーーーー!!
味玉の上品な卵黄の甘味も良いではないか!!

しかし、スープが全く普通ι(´Д`υ)
驚きも感動もありません。
このラーメンには高菜が乗っているんですが、スープを
楽しみたい人は注意!混ぜると味が高菜味になります!
まずは混ぜずに飲んでー

今回はまあ、こんなもんかなぁと2件目へ。
萬来軒の塩ラーメン、注文。

―――これは・・・・・
内地の人が想像する北海道なるもののステレオタイプな味。
なんか、とても優しい、懐かしいスープですなぁ。
食堂、という言葉が頭に浮かびました。
麺は、こっちではあんまり見ない黄色い縮れ麺。
ちょっと固かったのですが、好きな人はハマりそうな味です。

でも自分はそこまではw


今回で4件廻ったことになりますが、全て通うほどの
魅力のある場所ではないなぁと。
甲子園というほどの熱気も感じられませんしね。
経営者、サントリーさんでしたっけ?もっと考えてください。。


写真は山小屋の山小屋ラーメン
山小屋
posted by にゃ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

活字を食したいのだが

心の奥から湧き上がってくる忘れかけた欲望の滾り。

の、ように、活字を欲する時があります。

10代の一時期、性欲が全く無くなった時期がなんかは、
フィヒテの「ドイツ国民に告ぐ」など読みながら

「はぁぁ・・・難しくてわかんない・・でも・・あぁん・・・」

とか身悶えたもんです。
今でも、活字って官能的だなぁと思う方で、文章の
上手い人を見つけると、それだけで好きになっちゃいます。
椎名林檎のギター信奉みたいなもんですな。

最近、ご無沙汰でしたので、一冊購入しました。
平野啓一郎の「滴り落ちる時計たちの波紋」。

この人て、芥川賞受賞作で、2〜3ページ飛ばすという
荒業な表現をした人ですな。正直それはどうなの?と思って
読まなかったんですが、この短編の1つ目、”白昼”の
ライブ感が気にいったんです。

でも、それだけ・・
この人、明治文学の文体をマスターするために、森鴎外などを
音読してたらしい。文章の所々が、無理にレトロ風。

入って→這入って
テレビ→テレヴィ

など・・・
なんていうか、勤勉さと若さで成り立ってる作家って
感じで、インテリさんの話を聞いてるみたいで疲れます。

気を取り直して、2冊目に手にしたのは「輝夜姫」。
活字じゃないじゃん(笑)


孤島で育てられた子供たちは、
各国のトップ達の生きたドナーだった!
無残に臓器を切り取られ殺された子供の細胞は、
クライアントの体を乗っ取り復讐を始める・・

と、あらすじ書くとホラーぽいんですが、
竹取物語を下敷きに、国単位の争いや人間劇が
ちょっと複雑に絡んでくる話。
でも、少女漫画にありがちな、ボーイズラブとか、
萌え系美少年多数登場など、ツボはしっかり。

正直、24巻にもなってくると、ほとんど惰性で
読んでるようなもんなんですけどね。
今回はミラーの書き方が、変。昔もっと綺麗だった。

因みに自分は高力士が好き・・・
ここが女の子読者と違うところ。


マンガは嫌いじゃないんですが、あまり自分では
買わないけど、人の家では必ず読みまくったりして。
兄経由で知った作品も多数ありますね。

スクールランブルとか・・・
ああっ女神さまっとか・・

自分が一番好きな漫画家、かわぐちかいじの
「沈黙の艦隊」も、兄が教えてくれたものだな。

因みに兄の家には多量のロリマンガが(´ヘ`;)
まぁ、それも読破したんですけどね!



滴り落ちる時計たちの波紋
滴り落ちる時計たちの波紋
平野 啓一郎
posted by にゃ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。