2004年10月08日

いつのまにか小島麻由美のアルバムが!

最近本当に音楽に疎くなってきたなぁ・・・
老化傾向でしょうか。
全くこのアルバムの存在に気づきませんでした。

小島麻由美をアルバムで聴いたのは前作の
「愛のポルターガイスト」からなんだけど、曲単位なら
”おしゃべり!おしゃべり!”とか”わいわいわい”なんか
かっこよくて昔から気になってたんですよねぇ。
今んところ、アルバムは全部手に入れて、一気に
聴いて歌ったりしてます。

この人の凄いのは、音のための歌詞を書ける事。
それは語感が良いというだけでなくて、歌詞カードで
は割とシンプルめな歌詞が、歌になった途端に強烈な
意味を放っていくので思わず引き込まれてしまいます。

その中で今ハマッているのは
"セシルカットブルース”と言う曲で、
卑猥で周到な音を刻むドラムの鳴るムード歌謡をねっとりと、
でも飽くまで曲を大事にして歌っていて、最後の
 
「Cecile got blues」

の言葉で情念と快楽をジト〜と絞りだす、聴いてて
体が火照る気持ち良い1曲です。

さて、今回のアルバム、渋すぎるナンバーで
構成されてて吃驚しました。

今までの流れを汲む”蛇むすめ”でさえなんだか
バンドサウンドって言いたくなるくらいの演奏との
一体感があり、スキャット、ロカビリー、ブルーズなどを
どの曲も奇をてらわずに聴かせてくれる。
こんなにプロフェッショナルに徹した作品って、
ベテランシンガーのライブじゃなきゃありえない。

今回、"ブルーメロディ”がリードシングルだけど、
一番キャッチーで面白いなと思ったのが"茶色の小瓶”

'60のTVドラマが思い浮かんでくるカントリーナンバー。
アルバムの最後の方に置かれていて、
心地よいエンディングがいつまでも続くような
気分にさせてくれます。

ライブ行きたいなぁ。でもチケ取れないだろうなぁ。


パブロの恋人
パブロの恋人
小島麻由美, 塚本功
posted by にゃ at 23:14| Comment(2) | TrackBack(3) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。