2005年01月10日

ブログ検索問題、深刻かも

ブログが検索に引っかかりやすい、てのは知ってた。
結構目立ちたがりな自分としては大歓迎だったし、
前回の会社バレ問題だってセーフ。

しかし今回、自分が行ったお店からコメントが
来た時に、ちょっとヤバイかなて思ったんです。


コメントが来るのはもちろん嬉しいけど、これって
検索サイトで見つかりやすい位置に来てるって事。

とある記事は、googleでは8番目くらい。
しかし、yahoo!になると2番目に来て、しかも
なぜか6件も同じ記事が引っかかっているんです。
アクセス解析を見ても、検索サイトから来る人は
かなり多いみたいでして。


好意的な紹介記事だったら良い。
でも、個人のブログだから、事情も知らずに
好き勝手書いちゃってるわけで、自分が
今までボロクソに書いた記事なども、もしかして
本人が見ていたとしたら・・
それだけならいいけど、例えば自分の記事が
営業妨害になったりすることも、今後はあったり
するのかな?少し不安になります。


そこらへんの事情、もうちょっと詳しく考えてみる
必要がありますね。
posted by にゃ at 23:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流れる血、這い回る血

なにせ4っつにしか分類しないものなので
血液型で人を形容するのはなるべく避けたいが、
定着したイメージがあるために、簡単に性格を
表現できる方法として有効なんでしょうな。


「絶対A型に見えない。B型でしょ?」


それって、がさつとか、いいかげんて事だよね?
しかも、A型的要素が皆無ときた。
飲み屋で最初に言われた時には大変ショックだったのですが、
あまりに立て続けに言われるということは、きっと
自分の酔い方は行儀が良くないのだろう。

飽くまでフレンドリーだけど絡むし潰れるし。
要約するとこんな感じらしい。
まだ可愛い方だよ、と言っていただける方が居るうちに
もうちょっと抑えた呑み方を、と思っているのだけど
恋の空回りが酷い自分は、落ち着いた大人になるには
今はまだちょっと冷静さが足りないかも知れない。

酷い劣等感、幼さ、緊張、猜疑。
恋した自分に付きまとう感情はどれもネガティヴだ。
誰でもそういうもんなのかなとは思うけど、それに
押し潰されることなく、駆け引きできる人が羨ましい。
経験ではなさそうなので難しい。
とっくの前に諦めていても、恋は繋がりがある限り
それを手繰り寄せようとする、面倒でしょうがない。


楽しく人を想えれば・・
こんな独り善がりをブログに載せたりしないんだけどな。


posted by にゃ at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

ソフィア・コッポラ「ロスト・イン・トランスレーション」

ロスト・イン・トランスレーション
ロスト・イン・トランスレーション


ビル・マーレイが、とても外国人ぽい・・・


スカーレット・ヨハンソンと一緒に、日本人は○○とか、
しゃぶしゃぶは最低の料理だとか言ってる姿は
そこらに居る外国人に対する違和感と同じ感じを受ける。
外国人だから当たり前のことなんだけど、そこから、
この映画に流れる歪みにすんなりと入っていける。そういう
仕掛けがこの監督は得意なのか、自分が単に同調しちゃうのかは
わからないけど。


社会の中で、身の振りを考えたり、正しい事だけではない
対人関係のなかでうまく対処していくとき、未だに
疑問を払拭できずに、無理に押し込む自分が居る。
年をとったら慣れていくはずだ、と宥めながら。

でもきっと、それは慣れるわけではないのではないか。
押し込め方がうまくなるだけなのでは?



「年をとったら慣れていく?」

22歳で結婚したばかりの女性に、忘れられた映画スターが
話す愛情の話。それは子供を持つ人間の事実ではあるが、
それを確かな答えとしては話していないように見える。
この女性が持つ、世間と自我との軋みと同じものを含んでいて、
そこが二人の何ともいえない距離に繋がっていそうだ。
息苦しいくらいに切ない。


ところで、この映画に出てくる東京の街並み、
東京出身の方はどう見えただろうか?

自分が初めて東京の街を見た感想、実は
「楽しすぎて二度と行きたくない」
という映画のセリフと全く同じだったんです。
今ではあまり気に留めないけど・・・



posted by にゃ at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

ヒゲに悩む

年末から生やし始めた髭ですが、これの
デザインを決めかねているところであります。

現在、いわゆるラウンド髭にしていて、でも
鼻のすぐ下と、なんつうか、窪みんとこ、
そこだけ剃っているんですよ。

これってなんて呼ぶの?

メンズTBCなどのエステでは、髭デザインも
して頂けるようなんですが、ねぇ?そこまでは。

ただ、細かい部分て、T字だけではかなり
難しく、眉剃りだと綺麗に剃れない。
やっぱり、床屋みたいなシザーを買うべきか…
そうなると、ダンディズムの道をまた
一歩進んだ気がして、ちょっと嬉しい。
posted by にゃ at 00:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

あなたの犬にして欲しいんですが

殴るぞ! 4 (4)
殴るぞ! 4 (4)
吉田 戦車

普段、漫画はあまり読まないが、友達の家に行けば
大抵、面白い漫画が置いてあって、この漫画も彼の家で
読んだもの。とても良かったので自分でも購入。
でもそれは、面白かったからではない。

いや、とても笑える漫画なんだけど、自分は
この漫画に理想の関係を見てしまった。

単純でどうしようもない動物好きの主人と、あきれながらも
主人に過保護に世話をする飼い犬。
主人はあまり犬を世話してないように見えるが、実は
犬をとても愛していて、他の者と仲良くしてると激しく
嫉妬して、二人きりのスケジュールを押し付けたりする。
そういうやり取りや、馬鹿みたいに喜ぶ様子をみて、
ああ、こんな人の世話をしたいなぁと思い、溜息が出た。

他の4コマを見ても、愛情のないやり取りは
全く無く、実は吉田戦車って、人格者なのかな?て
思ってしまいました。

現在、6巻まで出てる模様。
犬にしてくれる人、見つからないかなぁ・・
posted by にゃ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

COLE PORTERを知る

イッツ・デ・ラヴリー~コール・ポーター・コレクション
イッツ・デ・ラヴリー~コール・ポーター・コレクション

買ったCDの、もう一枚。
複数買って全部満足、て経験はかつて無いのですが、
今回は両方ストライク。
今年はツイてるのかなぁ。

映画「五線譜のラブレター」の主人公が彼。
自分は週末観に行こうと思ってます。

ミュージカルや映画の音楽を多く作曲してる人らしく、
30〜40年代の映画って観たことないので、もし年末の
出会いがなければ、こんな良い音楽を知ることもなかった
んですよね。映画はノーチェックだったし。
アクティブな行動てやっぱ大事ですね。


このアルバム以外、生い立ちなどの情報はないのですが、
ジャケットに載っている本人の姿や曲から受けるのは、
上品で明るく、気の利いたユーモアのある人生。

至って普通のこの生活にも、優雅な時を。
ヘッドホンを掛けて街へ出ても、そんな気分に
すぐに浸れる、心地よいアルバムです。

ところで、自分が気になってる"night&day"、
「恋に落ちる確率」でかかってるのは
フレッド・アステアのヴァージョンだと聞いたのですが、
オープニングとエンディング、両方でかかってて、
自分が知りたいのはオープニングの方なんですよね。
それとも、どっちも同じだったか?
でも、声がもっと渋かったような・・・うーん・・・
posted by にゃ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Soundtrack of our lives/Origin Vol.1

オリジンI
オリジンI
ザ・サウンドトラック・オブ・アワ・ライヴス, ジェーン・バーキン

お正月は久しぶりにCDを買いました。
そのうちの1枚がこのアルバムです。

洋楽のロックアルバムを買うこと自体、ものすごく
久しぶりだが、個人的にgomez(古い・・)以来の
セクシーロックバンド!随分と前から活動していた
ようなんですが、今まで何で知らなかったんだろう?
1996〜2000年は、一番音楽を聴いていた時期なのに。

ガレージやブリティッシュロックの気持ち良いとこを
直球で送りつけてくる曲ばかりで、ちょっと物足りない
くらいにあっという間に聞き終わる。
とくにリード曲"Big time"は、体を先に反応させるための
判りやすさとテンションを備えててイヤラシ過ぎ!
いや、ロック的に。でも全曲そんな感じで、ズルい。

注目すべきとこがもう一つ、この作品には、なぜか
ジェーン・バーキンが参加してる曲があるんです。


ジェーン・バーキン!? あの???



本当に"あの"ジェーン・バーキンでいいのか、まだ
確認してないんですが、彼女=エロという単純構造な
自分の頭の中では、この作品がアダルトグッズに
見えてきています。今夜も・・・
posted by にゃ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日からに思う

なかなか起きることができず、5度寝程して
多分もう11時ころか、と思ったらまだ9時。
いいスタートの朝。洗濯をして外に出る。

で、星野監督フィギュア。

仙一

FIREの缶に付いてました。
自分の「抱きたい男」No.3に入ります。

まだまだ混むかな、と思ってたジムは割と空いてて
快適にトレ初めを終える。今日が仕事初めの人が多いのか。


年末年始の実感の無いまま、正月休みは終り。
充実してたなぁ。

1月はガンガン残業して、週末は遊ぶ。
今の自分ならいけそうだ。
posted by にゃ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そんな日には着うたフル

一昨日久し振りにCDを二枚買って、それを
すぐにHDプレイヤーに入れてしまう。

すると残った媒体とケース、これに全く
価値を見いだしていない自分がいて、驚いた。
これっていつからなんだろう?

音楽を聴く環境は、昔と変わってしまってはいる。

まず、音楽雑誌を読まなくなったから、
アーティストが何を思って作品を作ったのか、知らない。
演奏者や参加アーティストを調べることはあるが、
必ず知らなければとまでは思わない。
歌詞はネットで探すし…

てなると、ネット販売になるわけだけど、
未だ手軽さに欠けてますよね。
いつでも、聴きたい時に手に入れたい…

auのサービス、着うたフル

こんな高いの絶対使わねえと思ってたのに、
今月、三曲もDLしてしまいました。


フランク永井/おまえに
フランク永井、松尾和子/東京ナイトクラブ
橋幸夫、吉永小百合/いつでも夢を


オール歌謡曲w

しかしこれ、懐メロやにはかなり
有効なサービスではないだろうか。

例えば、CDレンタルを考える。
そうすると、借りる→ダビング→返すという
プロセスを踏まなければいけない。
懐メロて大抵聴きたいのは一曲のみだし
ヒット曲以外は駄作も多いから
アルバム一枚なんて必要がない。

しかもふとした思いに流したいのが懐メロで、
それはできれば今すぐ必要なもの。
だとしたら、あの値段はサービス料と考えてもいい。

幸い、演歌・懐メロは比較的欲しいものが
手に入りやすくて、自分も今度は
伊勢佐木町ブルースをDLしたいなと思ってます。

気になる音質は、意外に良い。MDLPくらい。
思い出に浸るまでの最短ツール。とまでは
言わないけど、こういったものが定着したら、
音楽環境はどのくらい変わっていくのか、興味深い。


posted by にゃ at 01:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虎杖浜のたらこ、あと一個

たらこ
友達遊びに行った時の頂きもの。

割と沢山もらったんだけど、凄く
懐かしい味がしたからすぐに無くなっちゃって
今はこの一つが残ってる。

この一切れは叔父に是非食べて欲しいんだけど、
最初に食わせた時に、反応薄かったんだ。

どうしたものか…


まだ、焼きたらこにはしてないから、明日
お茶漬けにして二人で食べようか。
posted by にゃ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

ぬくい。でもちょっと寒い。

叔父のプリンタが壊れた。
もう、何年も前の物で、USBで繋げないタイプ。
いい機会だからと、新しいのを買うことになりました。

canon PIXUS iP3100

あーcanonね、い、いいよねえ・・conon・・・
壊れやすいて聞くけど、うん、いい品だ・・


叔父の年賀状をプリントしたあと、せっかくだから
自分も何か作ろう。QRコードも作ったことだし、名刺とか。


ところが、名刺てあんまり作る人が居ないのか、
名刺用素材がなかなか見つからない。
作成ソフトも一長一短で、何時間も悪戦苦闘したあげく
やっと決まったデザインが、↓これ。

名刺

変に色使うより、これがしっくり来たんですよ。
今年の流行はモノトーンだしな。orz

早速これを持って2チョにでも行こうと思ったのですが
お気に入りのお店の常連の方が亡くなったそうで・・
あまり事情も知らないし、浮かれ気分で呑んじゃいけないな、
と思い、自粛。もしかして、あの大津波でなんでしょうか。
知らない人なのに、なぜか悲しくなりました。
ご冥福をお祈りします。
posted by にゃ at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

新年、あけどうです

あけどうです。

これを新年の挨拶として定着させたいのですが。
だめですかね?

ここんとこの自分の流行語は

「おいしくー!」

これです。とあるお店のマスターの口癖ですが、

「ちょっとこの書類作成して」
「はい、おいしくー!」

とか

「いい!?このまま決勝戦まで突っ走るわよ!!」
「イエス!おいしく!」

みたいな使い方で多用していきたいと思います。


年末はお友達の家に行き、こんな格好で
街を歩いていました。

チップかデール

そしたら、お巡りさんが、自分が遠く見えなくなるまで
ずっと見守っていてくれたよ。
好きなら、言葉ではっきり言って欲しいのに。



そう・・はっきり・・・察するではなく・・・


”察する”ということは、日本の礼儀の一つではあるが、
自分はどうも、言えないことを、相手に無理矢理補足させる
ための技術のような気がしていけすかん。
それが大人の世界であって、奥ゆかしい日本の良さですよと
飲み込んできたが、もうやめる。
少なくとも、それが正しいルールだとは絶対に思わないように
しようと思う。例え、自分が察することに順応してもね。

去年の目標、一昨年に続き"目指せ!野郎系”は
見た目だけは達成できたとして、今年は

”自分らしく、そしておいしくー!”

でいきます。見守ってくだせぇ近しい皆様。
posted by にゃ at 14:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

映画「恋に落ちる確率」を偏った視点で観る。

翻弄されてなどいない。

夢に堕ちていくことを楽しんでいながら、保証された
現実の裏付けを最後まで求めている。

自らの理解力、決断力に欠けた行動で全てを
失うのに、きっとこの男は"翻弄"という言葉で
この出来事を位置づけるだろう。ああムカツク。

運命の人に近づくほど、現実が遠ざかる・・
キャッチーなテーマだし、友達と観ると話が弾むかも?
て思ってシネセゾンに出向いてみたものの、これまた
かなりの不条理劇!それでも、一つ一つの場面がすごく
濃厚で印象的。お友達も、もう一度観たいと言ってました。

冒頭の出会いの場面の、二人の言葉や目の動き、
ベッドシーンでの唇の触れ方とか、むせ返るくらいに
正確に愛がやり取りされる瞬間を捉えていて、観てて
ドラッギーですよ。溜息出ました。
一度解体して、僅かな繋ぎ目を残したまま再構築したような
この映画の構成は、愛について一つのラインが描かれて
しまわぬ為のものでしょうか。とても後を引きます。

この映画の冒頭にかかるのはcole porterの"NIGHT AND DAY"。
これがとても印象的な曲でして・・
丁度最近、とある場所でこの人の人生を描いた
映画「五線譜のラブレター」の話題が出ていて
とても気になっていたことろでした。
でも、誰が歌ったものなのか分からないんですよね・・
いろいろ探して、pat booneかな、と思うのですが、
今日買ったベスト盤にはシナトラが入ってました。
こちらも素晴らしいですが。

それともう一つ、是非公式HPを訪れてください。
恋に落ちる確率診断というのがあり、それが
とても直感で答えられない質問ばかりで面白いです。
自分の結果は"ストレス共有型"・・嘘が無い。


"恋に落ちる確率"公式HP

posted by にゃ at 21:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。