2005年05月06日

東北旅行3泊4日 三日目

龍泉洞→北山崎→仙台(牛タン利休)→六尺バー


龍泉洞.jpg


どこまでも澄んだ水に感動・・次の瞬間、血の気が引く。
洞窟って、多足類が生息しているのですね。
冷や冷やしながら洞内を周ると入り口ではキィキィ泣く声が・・

ちょっと静かすぎる北山崎で休憩し、しばし考える。
このまま帰れば、叔父も疲れるし。


予定を追加し、仙台へ!
仙台と言えば牛タンですよね。


利休.jpg
雑誌にも載っている牛たん炭焼き 利休は、地元民も
認める優良店。

ボリュームが半端じゃない定食も勿論売りですが
提供時間が早い為に客の回転も良く、並んでいても
あまりストレスを感じることなく順番を待てます。
ちょっと驚きました。


さて夜中はどうしたもんか。


仙台のバーは16件前後あるらしい。
その中で入った一軒目のお店では、よくしゃべるオジサンが居て
意気投合し、というか便乗し、二軒目のお店へ。

二軒目のバーはなんと六尺バー。
ちょっと興味あったんですが、叔父は全く興味は無し。
その濃すぎる空間と、先のオジサンに疲れて先に帰ってしまう。

自分はというと、その場に居た人に、流れに任せて締めてもらいました(笑
ちょっとハマリそう・・・そして朝帰り。

次の日、多少ぐったりしていたが、思ったより早く
家路着くことができ、そのあとぐっすりねむりました。

今回も叔父に有難うとお疲れ様。
去年よりも楽しい旅でした。
posted by にゃ at 23:57| Comment(5) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北旅行3泊4日 二日目

田沢湖→乳頭温泉郷→後生掛温泉→盛岡(ビジネスホテルとバー)


田沢湖.jpg

ちょっと、スワンに乗りたかった。

でも、秘湯は人を待ってはくれない。
まずは乳頭温泉郷にいきました。

くねくねと回っていく道はとても雰囲気がある。
なんていうか、殺人事件が起きそうな・・TVの見すぎか。
すっかり有名な温泉地のため、行きの車、帰りの車共に多い。
駐車場は停められるかどうか・・昔はそんなのも無かったんだろう。

乳頭温泉郷.jpg

脱衣場の靴の多さに驚いたけど、湯船はとりあえずキャパはあって
でも、ゆったり入れる感じではない。比較的若い人が多くて、後に
出かけるバーのマスター曰く、「良い体が見れることで有名」だって^^;

そのまま次の温泉、後生掛に行く。

ここの古い建物は、思い描く湯治場の雰囲気直球。
箱型の蒸し風呂に入り、泥湯に入り、気分満喫です。


この日の宿は、ビジネスホテル。
やることが無いのでバーでも・・
盛岡の6件のバーのうち、場所が分かったのは2件だけで
しかしどちらの2件も好印象でした。
特に2件目のお店のマスターかっこよかったなぁ。

posted by にゃ at 22:14| Comment(2) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北旅行3泊4日 1日目

 蔵王お釜→立石寺(山寺)→銀山温泉→鬼首(ペンション)


山寺.jpg

一つの都市に住んでいると、すっかり忘れてしまう。

桜前線は流れる。

立石寺の満開の桜は、ゆらゆらと散っていて、水田や山といった
田舎の景色に似合ってとても綺麗でした。
息を切らす長い階段もなんだか楽しくて、ガンガン進むと
頂上はとても朗らかな空間で、奥の院や開山堂をゆったり見物。
下山後、高砂屋本店の二階で食べた、そばと天婦羅も美味しかったです。


東北旅行1日目は、車の混雑もなく、気楽な旅となりました。


銀山温泉.jpg

銀山温泉は、昼間でもやはり風格と歴史ある温泉街。
藤屋が改装中だったのは残念だけど、しろがね湯が
二人でゆったり使えたのはちょっとラッキー。

鳴子の温泉に浸かり、鬼首のペンション、アルピーヌに着くと
なんだか気持ちよくてすぐに寝てしまいました。

アルピーヌ.jpg
posted by にゃ at 21:18| Comment(2) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。