2006年01月27日

分かりやすく!自立支援医療制度

市役所から、なんかやたら分厚い封筒が来てて
開けてみたら「自立支援医療制度」の申請書でした。
ああ、そういえば資格喪失手続きなんてしてないや。


「通院医療費公費負担制度(通称32条)」は、精神患者の
精神科にかかる医療費のみを95%負担してくれる制度で
医者が診断書を書いてさえくれれば、申請が通る、非常に
助かる制度でした。

それが、平成18年4月1日から名前を変え
内容も手続きも一新されたわけです。
しかし、これがなかなかわかりづらい・・
つまり、こういうことですか?てことで、自分なりに
分かりやすくまとめてみました。どーぞ参考に。



1、変わったところ

・精神科にかかる医療費が、1割負担になります。
・但し、収入などによって上限が設けられます。
・病院、薬を受け取る薬局、訪問看護センターも指定されます。
・証明書(医療受給者証)は、毎回提出しなければいけません。
・有効期限が1年になりました。
・必要な書類が増えました。



2、必要なもの

時期によって区分けされて書かれてますが、大体
同じようなので、こう覚えましょう。

※今までの人も、これからの人も、こんだけ書類が必要です。※


@資格認定証明書(今までの人は家に届くはず)
A自立支援医療診断書(今までの人も新たに必要)
B被保険者証などの、世帯が確認できる書類
C世帯分の課税証明者(市役所で手に入ります)
D患者票(病院にあります)
E印鑑(基本ですね)


この内、Aはお医者さんが書くものです。
しかし、その内容が前より詳しくなりましたね。
患者は黙って書いてもらうしかないですが、一応

・ 3年以上の精神医療の経験を有する医師によって
集中的、継続的な通院医療を要すると判断された方
・ 医療保険多数該当の方

が対象になります。


3、負担の内訳

自立支援医療制度が適用される方は、かなりの収入がある人以外は
全員が1割負担です。
違うのは、そこに月額の上限があること。



市民税が非課税の人は・・・

・年間収入が80万以下(18歳未満子供が受診の時は、保護者全員)
の場合、2500円で月の医療費支払いが上限。

・80万を超える場合は5000円で月の医療費支払いが上限。


市民税を払っている人は・・・

重度かつ継続(継続的に治療が必要な人)」のみ

@市民税が2万円未満は、5000円が上限
@市民税が20万円未満は、1万円が上限
@市民税が20万円以上は、2万円が上限


になります。

この、「重度かつ継続」てのがわけわからんでしょ?
とりあえず、基準は

・3年以上の精神医療の経験がある医師が
 集中的・継続的な治療が必要と判断した人
・ 医療保険多数該当してる人

だそうです。・・・違いはどこに?

大体、市民税ていくらくらい払ってるんだよ?と
頭が混乱する方、我孫子市のHPに、計算例が
詳しく書かれています。他の市の記述はわかりづらい!!



今回まとめてみて思ったのは、もっと分かりやすい説明書きが
できるはずなのに、市や国はそれをしていないなあということ。
それと、自立支援としておきながら、患者の社会復帰に関する
具体的な取り組みが何も提示されていないことです。


よく、「病は気から」と言いますが、それは精神病患者に
ついてはあまり正しいとは言えません。

もちろん、何かしらのストレスから病気になる人は
いらっしゃいますが、重度になる患者の中には
全く問題の無い状況から、病に陥ってしまう方も
多くいるのです。

脳も体の一部なわけだから、神経伝達物質に変調をきたす
鬱などが、突然に起こる「身体の疾患」とも言えないでしょうか。




posted by にゃ at 04:44| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | HOW TO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

リラックマ+のどあめって・・・

rirakkumaaa.jpg


リラックマとのど飴は関係ねぇだろ!
なんだこの便乗っぷりは!

なんて怒りも、リラックマファンの前では無力です。
リラックマ関連の食玩を販売しているkabayaが作った
こいつ、ファンなら手を出さずにはいられない出来です。


クマぽい形のパッケージは、リラックマの顔が切れないよう
開け口が下方に付いている親切設計(ファン以外には迷惑だが)。

包み紙には、ありがちな占いの他、だらりんとした川柳や
マニア度が試されるカルトクイズが書かれていて
食べるのが・・・もったいなくなるかもしれません。

さらに、おまけで入っているのは、缶バッチ!
シールではなく缶バッチというのが、さすが
クオリティにこだわるkabayaのニクさでありますね。

これだけのクマへの愛が詰め込まれて、定価210円。
対象年齢、3才以上の商品です・・・
posted by にゃ at 23:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

「湯快爽快・ざま」はスーパー銭湯ではない。

仕事納めの日にひいた風邪が治らず
無理して呑んで、ぐったりして(29日)
無理して呑んで、ぐったりして(31日)
年明けには、声も出ない状態となりました・・
せっかくの休みが、寝正月です。

それでも再度、無理をするならと、昨日、新しくなった
「湯快爽快・ざま」を見に行ってまいりました。
やっと生え揃ってきたことだし(笑


「ざま」は、3ヶ月の休館を経て12月
天然温泉を持つ総合スパ施設になりました。

"天然温泉"を謳っている施設なら、「やまと温泉」
「やまとの湯」「ゆめみ処ここち湯」の他、現在
「ざぶん 瀬谷目黒店」がボーリング中だったりと
周辺地域に数多くあります。
「ざま」は、何で差をつけているのでしょうか?



施設内は一新され、温泉旅館のような造りになり
"解毒"効果のある「ゲルマニウム温浴」や「岩盤浴」
自分も一度は体験したい「酸素Bar」といった、流行りを
押さえた各施設。
「シアタールーム」、TV付のリクライニングを完備した
「リラクゼーションルーム」、大人数でゆっくりできる
個室の貸し部屋があったりと、完全にスパとして
生まれ変わった模様。これなら、1400円という料金も
安いのかもしれません。
特にゲルマニウム温浴は、大型施設では設置してる場所は
少なく、値段も800円はかなり安い設定です。
浴場も何度も入浴可能になり、長時間温泉を楽しみたい
人には最適です。


逆に言えば、今までの、スーパー銭湯として利用する場合は
「ざま」は割に合わない施設になってしまいました。


これだけ大きくリニューアルされたのに、浴場の変更点は
"天然温泉"であることだけです。
"源泉掛け流し"と"加温無し"両方を謳った施設は確かに
他に無い魅力ですが、他店に比べて変わり映えのしなかった
あの内湯はそのまま循環水なので、天候によっては
温泉を楽しむのに苦労しそうです。
他のスパ施設と比べると圧倒的に規模が小さいので
湯を楽しむ為の利用には、物足りないと思います。

また、長時間利用向けの施設になったために
短時間利用には無駄なものも多数あります。
タオル、バスタオル、館内着がそれにあたりますが、料金に
含まれているため、必要なくても受け取らないと損です。
1000円で入浴のみを選択することもできますが、1時間を
超えてしまうと、セット料金との差額を支払うことになります。

酸素Barが、ゲルマニウム温浴、岩盤浴利用者のみの
オプションというのも、なんだかいやらしい気がします。
最初から、セットにしとけばいいのに。


また、気になったのは受付のシステムです。

靴箱の鍵とロッカールームを交換するようになったためか
スタッフが対応に追いついていないんです。

回転式の鍵置き場はとても見づらそうで、更に
会員カードへのポイント反映という一手間が加わり、退館と
入館、どちらかが暫く待たされる状態になってしまいます。
「少々お待ちください」の一言を素早くかけてくれれば
多少我慢できるところですが、それぞれの受付が背を向けた
形となっているため、気づくのが遅くなってしまいがちです。

入り口は店の顔だし、リラックス感の演出は、そこから
始まっているはず。もう少し考えて欲しいところです。



「万葉の湯」もあの料金で未だ人気だし、こういった
高級志向は、また注目されるのかもしれません。
ここ周辺の銭湯は、また1段階上の激戦体勢と
なるのでしょうか。
posted by にゃ at 16:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。