2006年02月12日

ニューヨーク・バーク・コレクション展

04.jpg

お宝鑑定団を観て、おーすげー!!とかこれ、いいの?とか
ブラウン管の前で呟いていても、実物を実際に観なければ
その良さは体感できません。

逆を言えば、さっぱりわけの判らない人だって、実物を観れば
その迫力にきっと感銘を受けることでしょう。
東京美術館で開催中の「ニューヨーク・バーク・コレクション展」は
日本の傑作美術品をたっぷりと、劇的にみせてくれる
豪華な展覧会でした。


ニューヨークのバーク財団が収集した
あらゆるジャンルの日本の美術品コレクション。


土器に始まり、仏像、宗教画、碗、狩野派、宗達、抱一、蕭白など
ななな、なんでも観れるんですか?くらいのラインナップ110点が
フロアに入るごとに、圧倒的な臨場感を醸し出してます!

正直、自分は宗教関係の作品が怖くて苦手だったのですが
不動明王坐像の精巧さ、春日宮曼荼羅のスペイシーなデザイン
白衣観音図の、褪せた掛け軸の中で浮かび上がる観音様の美しさ。
これには立ち尽くしてしまうほどです。

しかし、そこはまだ中盤。
後半には、狩野派作品、洛中洛外図、抱一などの有名な作品から
ポスターになっている曾我蕭白のどこかアニメーション的な水墨画
与謝蕪村の絵画があり、最後に、伊藤若冲の、月夜に浮かぶ
梅の花が繊細な情感を放つ月下白梅図で締めくくられます。
まさに、感動のエンディングが用意されてるのです。


いわゆる「和モノ」として気軽に観るのも可能な展覧会です。
3月5日まで。お早めにー

参考:東京美術館



posted by にゃ at 20:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート 舞台など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

温泉の後は"ポーラ美術館"でも・・・

20050323141211_13.jpg


日帰り温泉として、何度か訪れた箱根の中で
どうしても気になっていた"ポーラ美術館"。

今、ちょうど渋谷のbunkamuraでポーラ美術館貯蔵の
印象派展をやっていますが、本館では、黒田清輝を
はじめとした大正の日本画家の作品が展示されています。
前々から電車の広告が気になってまして、今回やっと
連れてって頂くことが出来たわけです。



とても透明で艶麗な女性を描く黒田清輝は
自分がとても観たかった画家の一人。

そのきっかけとなった「湖畔」は残念ながら
展示されていませんでしたが、柔らかな裸の女性と
太陽光が同じ様に閉じ込められた「野辺」や
岡田三郎助の「あやめの衣」の心を刺す艶かしさなど
彼が見い出した眩しい美と性には、すんなりと共感
できる部分が多くて、なんてカッコいい事を
していた人達なんだろう、と思ってしまいました。


それと、ちょっとびっくりしたのが、ここのレストラン。
全く期待してなかったのに、凄く美味しい!

レストラン"アレイ"の「アレイコース」。
パンからしてその甘さにびっくりしましたが
ラムのスペアリブが、噛み締めるほどに味わい深く
外に見える白樺の森の美しさと同様の
静謐な一時を味わえました。
箱根は、温泉だけじゃないのですね・・・・




posted by にゃ at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート 舞台など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。