2004年09月07日

暇つぶしに読書。ケータイで。

自分の場合、性欲に関しては波があって、
 「セックスなんて虚しさを証明するだけ・・」
と鬼束ちひろな気分になるときもあると思えば、
 「今すぐ盛りてぇよハァハァ・・・」
なオス剥き出しの時期もあり、それを知り合いのSの方に
月の満ち欠けに関係が、と説明したところ、お前は女か!
と笑われました。

以前から、ケータイで書籍が読めるアプリは気になって
いて、一度ダウンロードしてみたものの、正直
100円で買っても後悔するような、魅力の無い品揃え・・
パケ代もかかることだし・・と思ってたところに見つけた
とある記事。そこで紹介されてたのがこの本なんです。

日記仕立ての文章は、正直SMがなければそこらの
ネットアイドル並にイタイくらいのもので、しかし、
飽くまでライトに書いている姿勢と、ドロドロは
していない愛に溢れた様子になんだか親近感が沸いてしまい、
するすると読めてしまう、その秘密は、SM行為が赤裸々に
書かれているのに、その視点は女性が男性に望む性態度や
感情を表現していて、SMが理解できなくても共感してしまえる
性愛小説になっている。まさにケータイで普及できる文章です。

これを読んで、Mの女性に性格的な傾向ってあるんだろうかと
思い、前述のS男性に聞いてみたところ、
 「ほとんどがメンヘル、しかもボーダー」
という答えが返ってきました。。
自分もボーダー。うーんとっても判りやすい。。

特に顕著に見られるのがボーダーの代表的な傾向、
”現実もしくは自分の想像の中で見捨てられる
 ことを避けようとするキチガイじみた努力”
という部分、いわゆる構ってチャンが多いらしく、
それを上手くコントロールできるのがS男性のすごいとこ
だなぁと思った次第です。
”見捨てられ不安”自体、誰もが持ってるものなんだけど、
ボーダーのそれは本当に強烈。一番酷かったころの自分
なんて、そりゃもう・・・手段選ばなかったすよ・・コワイコワイ

単行本では結構前に発売されてたようなんですが、ケータイ
の方ではまだ全てを公開しておらず、続き待ちです。
WINは一冊丸ごとらしいですね・・・機種変、しようかな。


寿司とマヨネーズ―ある愛の記録
寿司とマヨネーズ―ある愛の記録

posted by にゃ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1606335

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。