2004年10月01日

活字を食したいのだが

心の奥から湧き上がってくる忘れかけた欲望の滾り。

の、ように、活字を欲する時があります。

10代の一時期、性欲が全く無くなった時期がなんかは、
フィヒテの「ドイツ国民に告ぐ」など読みながら

「はぁぁ・・・難しくてわかんない・・でも・・あぁん・・・」

とか身悶えたもんです。
今でも、活字って官能的だなぁと思う方で、文章の
上手い人を見つけると、それだけで好きになっちゃいます。
椎名林檎のギター信奉みたいなもんですな。

最近、ご無沙汰でしたので、一冊購入しました。
平野啓一郎の「滴り落ちる時計たちの波紋」。

この人て、芥川賞受賞作で、2〜3ページ飛ばすという
荒業な表現をした人ですな。正直それはどうなの?と思って
読まなかったんですが、この短編の1つ目、”白昼”の
ライブ感が気にいったんです。

でも、それだけ・・
この人、明治文学の文体をマスターするために、森鴎外などを
音読してたらしい。文章の所々が、無理にレトロ風。

入って→這入って
テレビ→テレヴィ

など・・・
なんていうか、勤勉さと若さで成り立ってる作家って
感じで、インテリさんの話を聞いてるみたいで疲れます。

気を取り直して、2冊目に手にしたのは「輝夜姫」。
活字じゃないじゃん(笑)


孤島で育てられた子供たちは、
各国のトップ達の生きたドナーだった!
無残に臓器を切り取られ殺された子供の細胞は、
クライアントの体を乗っ取り復讐を始める・・

と、あらすじ書くとホラーぽいんですが、
竹取物語を下敷きに、国単位の争いや人間劇が
ちょっと複雑に絡んでくる話。
でも、少女漫画にありがちな、ボーイズラブとか、
萌え系美少年多数登場など、ツボはしっかり。

正直、24巻にもなってくると、ほとんど惰性で
読んでるようなもんなんですけどね。
今回はミラーの書き方が、変。昔もっと綺麗だった。

因みに自分は高力士が好き・・・
ここが女の子読者と違うところ。


マンガは嫌いじゃないんですが、あまり自分では
買わないけど、人の家では必ず読みまくったりして。
兄経由で知った作品も多数ありますね。

スクールランブルとか・・・
ああっ女神さまっとか・・

自分が一番好きな漫画家、かわぐちかいじの
「沈黙の艦隊」も、兄が教えてくれたものだな。

因みに兄の家には多量のロリマンガが(´ヘ`;)
まぁ、それも読破したんですけどね!



滴り落ちる時計たちの波紋
滴り落ちる時計たちの波紋
平野 啓一郎
posted by にゃ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1606354

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。