2004年10月11日

いたくないとげとクラムボンの歌

ひどく感情移入してしまうことの多い自分。

気に入った映画の後など、暫くは
主人公の気持ちが入り込んできて、抜けない。
「ダイハード」観た時なんて、妙な自信と全能感で
一杯になります。実際にはヘタレのままなんですが。

複雑な恋をしているある人のブログを読んでいて、
大変そうだけど羨ましいなと思ってるうちにトリップ。
その気分に似合う歌を探して聴いてみたりする次第です。



  日々は僕のもの 夏の真ん中で
  君は僕のもの どうしたらそう言えるの

                  "君は僕のもの"


恋をわずらう人と 恋がわずらわしかった人
 それでも会いたいなら これをなんと呼べばいい?

                  "恋わずらい"


クラムボンの歌詞の世界は、とても感情移入しやすい。

自分の思いとは反対だけど正しいこと、
人に言うまでもないことだから我慢するけど
心の中で受け入れられなくて立ちすくんでしまう痛さを
簡単な言葉で表現していて、ふとした時に歌詞が
浮かんでくることがよくある。

特に恋愛においては誰もが正しくて、全てが
間違ってる可能性を孕んでいて、責めたことを
責めたてたり、伝えられなくて、そのままにして
苦しんだりすることばかりだ。

それでも恋愛はしていたい。
だからこんなに恋の行方が気になるのかも。

しかし今の自分には、こんな歌詞がグサっとくる。


 変わりたいのに 変わらないんでしょう?
 いつでも何か探してるだけで

              "いたくない いたくない"


探してるだけはなく、やってみなきゃダメだということ。
当たり前だから只今一念発起中です。


まちわび まちさび
君は僕のもの from"まちわび まちさび"

posted by にゃ at 16:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クラムボンって初めて知りました。

こんなのなら知ってたんですけど
ローカルテレビ局のイメージキャラ?
「れびてくさらぼん」

http://www.sakuranbo.co.jp/library/sarabon.html
playを見てみて下さい。くだらないッスよ〜
Posted by トロ at 2004年10月11日 22:06
トロさん

うち、mov観れないんですよ・・
あんまquicktime入れたくないし・・
ネカフェで観てみます。
Posted by にゃ at 2004年10月12日 21:54
マジすいません。くだらないので見ないで下さい…
Posted by トロ at 2004年10月12日 23:24
絶対観てやるぜ!(笑)
Posted by にゃ at 2004年10月13日 20:43
いや〜やめて〜〜〜(*T人T*) おねがい
Posted by トロ at 2004年10月13日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。