2004年11月10日

恵比寿「福笑」はデートに使え。

お金に余裕のあった先週の土曜日。
こりゃあなんか美味いもん食わなきゃーてことで
久し振りの知り合いを誘って恵比寿まで行きました。

自分、別に通でもなんでもないのですが、
居酒屋選びは妥協しません。
和民や養老なんてもってのほか。
予算のなかでのグッドチョイスをかなり吟味します。
今回のお相手も同じ考えの持ち主。
向かった居酒屋「福笑」の特徴を伝えると、
是非行ってみたいと言ってくれました。

スロウフードがブームを通り越して定番に
なりつつある今にぴったりの、産地厳選の素材を
食わしてくれるということで大いに期待。
マンションのインターホンを鳴らし、501へ。

予約しないと入れない!と聞いていたんですが、
早い時間のためか、まだゆったり感あり。
TVで見たときよりも内装はすっきりしてました。

クルクル巻かれた長ーい紙にメニューは書いてあり、
料理の上には産地がちゃんと書かれている。
全てが時価。自分、そういう店初めてかもしれない・・
本日のチョイスは、

自分の大好きな
・谷中生姜
・下仁田葱

お相手チョイスで

・クエの刺身
・ハマグリ
・黒豚の角煮、

そして、一番気になったアスパラを注文。
最後は冷や汁で締める。

選んだものが素材を大事にした調理のものばかり
だったのに、調味料を使いすぎちゃってないかな・・
特にハマグリ。しょっぱかったです。
谷中生姜が醤油の味しかしなかったのと、せっかくの
茹でただけのアスパラをマヨ+もろみ味噌で
食わせるのにはちょっとがっかりしました。
何も付けなくても美味しかったのに。
これなら、ほぼメニューがかぶってるお気に入り店
"葱や平吉"の方が、値段も安いし
お勧めしたい気がします。


しかしこの雰囲気、女性を口説くのに使えそうですね。
客層も、30代前半のあらゆる面で余裕のあるカップル。
そんな中で、自分達は濃すぎるSMの話をしてたんですがね!
「俺、今びびってるんですけど・・・」と先輩に呟いてた
スタッフ、あれはやっぱ自分達のことだろうか・・(笑)
posted by にゃ at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 呑み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、しゃれた居酒屋のメニューはどこでも「〜産」って書いてあるよね。
この前、熊本の友人が来て料理屋に行ったんだけど、「熊本県○○産牛肉のたたき」というメニューがあったんだ。
ところがその友人曰く、「熊本の○○なんて、牛の産地じゃないし、知る限り牛農家なんてないぞ?」との事。
うーん・・・確かに都会にいると、「産地直送」とか「〜産」ってのに弱いんだなぁ。^^;
Posted by ducks at 2004年11月16日 13:20
>ducksさん

○○牛はやばいよね。
そんなのねえよ!てのも沢山あるし、
有名どころでもピンキリだったり。

今日、下仁田葱が158円で売ってたけど本物かな?
Posted by にゃ at 2004年11月20日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。