2005年01月04日

そんな日には着うたフル

一昨日久し振りにCDを二枚買って、それを
すぐにHDプレイヤーに入れてしまう。

すると残った媒体とケース、これに全く
価値を見いだしていない自分がいて、驚いた。
これっていつからなんだろう?

音楽を聴く環境は、昔と変わってしまってはいる。

まず、音楽雑誌を読まなくなったから、
アーティストが何を思って作品を作ったのか、知らない。
演奏者や参加アーティストを調べることはあるが、
必ず知らなければとまでは思わない。
歌詞はネットで探すし…

てなると、ネット販売になるわけだけど、
未だ手軽さに欠けてますよね。
いつでも、聴きたい時に手に入れたい…

auのサービス、着うたフル

こんな高いの絶対使わねえと思ってたのに、
今月、三曲もDLしてしまいました。


フランク永井/おまえに
フランク永井、松尾和子/東京ナイトクラブ
橋幸夫、吉永小百合/いつでも夢を


オール歌謡曲w

しかしこれ、懐メロやにはかなり
有効なサービスではないだろうか。

例えば、CDレンタルを考える。
そうすると、借りる→ダビング→返すという
プロセスを踏まなければいけない。
懐メロて大抵聴きたいのは一曲のみだし
ヒット曲以外は駄作も多いから
アルバム一枚なんて必要がない。

しかもふとした思いに流したいのが懐メロで、
それはできれば今すぐ必要なもの。
だとしたら、あの値段はサービス料と考えてもいい。

幸い、演歌・懐メロは比較的欲しいものが
手に入りやすくて、自分も今度は
伊勢佐木町ブルースをDLしたいなと思ってます。

気になる音質は、意外に良い。MDLPくらい。
思い出に浸るまでの最短ツール。とまでは
言わないけど、こういったものが定着したら、
音楽環境はどのくらい変わっていくのか、興味深い。


posted by にゃ at 01:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ipodユーザーなオイラにはitune shopの日本解禁が待ち遠しいですわ。
これができたら、手軽に曲単位で購入することができるんだけどね。
Posted by ducks at 2005年01月04日 03:44
>ducksさん

itune、無理そう・・・
値段を下げる気が、JASRACとか音楽業界に
ないもんね。

音楽が売れなくなった原因て、やっぱ値段が
あまりに高いからだと思うんですよね。
でも、CCCDがどんどん無くなってるのはよかった。
Posted by にゃ at 2005年01月04日 17:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。