2005年01月04日

COLE PORTERを知る

イッツ・デ・ラヴリー~コール・ポーター・コレクション
イッツ・デ・ラヴリー~コール・ポーター・コレクション

買ったCDの、もう一枚。
複数買って全部満足、て経験はかつて無いのですが、
今回は両方ストライク。
今年はツイてるのかなぁ。

映画「五線譜のラブレター」の主人公が彼。
自分は週末観に行こうと思ってます。

ミュージカルや映画の音楽を多く作曲してる人らしく、
30〜40年代の映画って観たことないので、もし年末の
出会いがなければ、こんな良い音楽を知ることもなかった
んですよね。映画はノーチェックだったし。
アクティブな行動てやっぱ大事ですね。


このアルバム以外、生い立ちなどの情報はないのですが、
ジャケットに載っている本人の姿や曲から受けるのは、
上品で明るく、気の利いたユーモアのある人生。

至って普通のこの生活にも、優雅な時を。
ヘッドホンを掛けて街へ出ても、そんな気分に
すぐに浸れる、心地よいアルバムです。

ところで、自分が気になってる"night&day"、
「恋に落ちる確率」でかかってるのは
フレッド・アステアのヴァージョンだと聞いたのですが、
オープニングとエンディング、両方でかかってて、
自分が知りたいのはオープニングの方なんですよね。
それとも、どっちも同じだったか?
でも、声がもっと渋かったような・・・うーん・・・
posted by にゃ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。