2005年01月13日

パイプカットについてちょっとだけ知ろう

これ、書いてる人多いかな?

昨日観たTVで、名前の一字違いによって、耳の
検査とパイプカット手術を取り違えられた!なんて
話が出てたんです。

そこで叔父が、
「パイプカットしたら、アレは出なくなるの?」
と、誰もが考えそうな疑問を呈す。


ふふ・・アレはね、


「元々精液は、精管を通る精子と、前立腺や精嚢の
分泌液が混ざって射出されるものなのです。」

ここまでが保健体育でしっかり覚えた知識。
もちろん、何とか方程式とかはさっぱり忘れてるがな。


で、パイプカットは、その精管を遮断して、精液に
混ざらないようにする手術。手術後は、精嚢線と
いう器官に精液が10回分くらい残っているけど
その後は、睾丸の中で精子貧食細胞や抗精子抗体
というものに適度に殺されるから、大丈夫らしい。
(参考:おしっこ物語


それは知らんかったなぁ。
因みに、TVでは、病院側が元に戻すと申し出てましたが、
特殊な手術が必要で、成功例も少ないのだそう。


自分にとって、精子は必要ないもんだけど、無いのと
あるのではなんとなく気分が違う。
性病の感染も当然防げないし、普通の男性も
考えて行動しようね、なんて話ですな。
posted by にゃ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | HOW TO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。