2005年01月25日

映画「息子のまなざし」に見る父性とは

職業訓練所で講師をする男は、偶然にも
自身のクラスの受講を志願する、かつて自分の息子を
殺した少年を迎え入れるが、徐々に不可解な執着を見せる。
その行動は、喪失したなにかを必死に探すかのようで
しかし、それは息子のことでは、恐らく、無い。

男は、少年から何を得ようとしたのだろうか。


劇中、カメラはこの男以外を捉えようとはしない。
彼の妻や彼の生徒、もちろん、少年も登場するが
それらは全て彼の感情を表す為に存在している。

これは自分の思い込みではないだろう。
主人公を演じるオリヴィエ・グルメ、この映画は
彼の起用を想定して作られたそうだ。
元々、体での表現を得意とするグルメが
ディープに役を演じ、更に、ストーリーが
役をじっくりを追い続けるという構造になっている。
内容が重いだけに、息苦しさを感じるかもしれない。


そうやって全身で表現されたもの。
父親にとって息子は、自身の一部だったということだと思う。

主人公は、息子を失ったことによって、正体のない
罪の意識を感じているのではないだろうか。
親類の勧めも断り、講師という仕事に留まり続けるのは
それを振り切るための無意識の模索であったのではないか。

だとしたら、彼の行動は、少年を知り、許そうとすることで
自分の、永遠に欠けたものに対する理由を作り出し、重圧から
逃れたいという思い悲痛な叫びと受け取れる。
この映画は、父親というものを、一つの人格ではなく
一人の人間が持つ感情で形成された個人として見た
あるはずなのに今までになかった映画かもしれない。








参考:
息子のまなざし
息子のまなざし
posted by にゃ at 22:50| Comment(3) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバック有難うございました。とても内省的な難しい分析をしているんですね。なるほどこういう見方があるのか、とハッとさせられました。職業訓練所に通う生徒たちの中に亡くなった息子の面影を見出し、彼らの成長を助ける事で、息子を育てているような、もはやいらなくなってしまった父親の役割を果たしたいのでは、そこに生きる希望を見出したのでは、などど解釈したのですが。正体のない罪の意識というのは、息子を助けられなかったという事に対する罪の意識ということでしょうか?
Posted by henry at 2005年01月26日 12:23
>henryさん

多少難しく考えすぎかもしれません^^;

そちらのブログにコメントしますねー
Posted by at 2005年01月26日 21:39
と、思ったらメンテ中なのですね・・

「罪の意識」についてですが

親に限ったことでは無いんですが、近しい
人が死んでしまったときって、なぜか
自分を責めてしまったりしないですか?
助けられなかったことも、自分が生きて
しまってることも。

そういうときに、母親は事件を、忘れない
事で心にいつまでも留め続け、父親は
心に開いてしまった穴を何かで埋めるのでは
ないかと、この映画を観て思ったんですよね。

うーん、やっぱ考えすぎかも。
映画について語るときって、ぶつかってしまう
こともよくあることですが、こうして
人の意見を聞いて楽しめるブログって
いいですよね。
Posted by にゃ at 2005年01月26日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

毎月お題を出すってのは、どうでしょう?
Excerpt: みなさん、書き込みに慣れてきたようですね。 せしみさんの封印された日記シリーズも
Weblog: PROJECT2022
Tracked: 2005-02-02 03:10

息子のまなざし
Excerpt: 2002年 ベルギー・フランス合作2005年1月 テレビ録画にて鑑賞~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 久しぶりに深く考えさせられる映画を観た。 職業訓練所で木工の教師として働く男と、生徒として..
Weblog: 読む映画
Tracked: 2005-02-02 23:34

「息子のまなざし」
Excerpt: 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ。2002年ベルギー・フランス合作。映画をどうとらえるだろうか。娯楽?ひまつぶし? 観る人なりでいいのだろうけども、娯楽ではないし、ひまつぶしだったら観なく..
Weblog: どろ
Tracked: 2005-02-03 15:58

息子のまなざし
Excerpt: [:映画:] 「息子のまなざし」 以前ニュース番組で、弟さんを保険金目当てで殺された男性が、獄中にいるその殺人犯と手紙のやり取りをしているというのを見た。 犯人は死刑が確定し、その男性は面..
Weblog: That's the Way Life Goes
Tracked: 2005-07-24 16:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。