2005年06月26日

ベンザブロックは効きますが

bennza.jpg


長期風邪引きでグダグダ中・・

病院行くのも面倒だし、必ずしも効くとは限らないので
市販の薬で済ますことにしています。

市販の薬でよく効くといえば、"ベンザブロックL"。
たとえ酷い頭痛でも、口を塞がれたら窒息しそうな鼻づまりでも
一瞬で風穴をあける素晴らしい効き目の風邪薬です。
薬は人によって効き方が違うものですが、自分にとっては
ドンピシャの効き目なようです。

但し、この薬
困ったことに、少し気持ちよくなっちゃうんですよね。。
依存するような感じではないのですが。


ちょっと調べてみると、その原因は、イブプロフェンの次に
多く含まれている"塩酸プソイドエフェドリン"よるものみたいです。


血管収縮作用があり、点鼻薬に多く含まれる成分。
実は、覚醒効果があるそうで、実際には覚せい剤の原料にもなるそう。
今現在、廃止の動きもあるくらい、強い成分ということです。


でも、社会人にとって、風邪は、多少リスクを負っても
素早く治したいものですよね。
買うなら今だ!とは言いませんが、管理の体制などで
どうにかならないものか・・と思ってしまいます。
posted by にゃ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(1) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4645642

この記事へのトラックバック


Excerpt: 塩酸プソイドエフェドリン塩酸プソイドエフェドリン(pseudoephedrine hydrochloride)は、内服用の鼻づまり薬として広く用いられてきた医薬品である。アメリカでは「Sudefed」..
Weblog: さまざまな医薬品
Tracked: 2007-07-26 08:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。