2005年10月11日

奈良田の里温泉でゆったり

なんだか立て続けにあるなという感じの連休、自分達は
山梨県にある、奈良田の里温泉に行ってきました。

奈良田温泉:町営.jpg


この写真ではちょっと新しく感じますが、少し古びた感じが
癒しを感じる造りで、雄大な山と渓流を見ながら、ぬるめの
お湯にゆったり浸かれる、日帰りとしては最高の公衆浴場でした。


南アルプスの奥地にある温泉なので、登山客の多い場所。
お湯はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉でとろりとしており
肌がつるつるになります。しかも、飲用も可。
自分は飲みませんでしたが、少し甘いそうです。

温泉地の浴場というのはたいてい、午後5時には閉まるところが
多いのですが、ここは9時から午後7時までやっていて
思いつきで立ち寄るにもとても便利。また立ち寄りたい温泉です。

posted by にゃ at 23:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

レインボー祭りに・・参加?ていうの?

写真などは誰も撮ってないと思いますが・・


大吟醸’zとステージに上がってしまいました!
多分、観てた方は

「犬は分かるけど・・・もう一人のアレは何?」

とか思ってたでしょう。自分も謎です。



レインボー祭りのEブースを、イキツケの
バーのお誘いでボランティアしてきました。

14時に集まって、花壇を動かしたり(重い!)
食いモン作ったりとせっせと作業。

17時からは、声を張り上げて、邪魔だブサイクだと言われ
泣きそうになりながらブースへお客を呼び込んでいました。
オネエサン達、怖すぎです!


そんな中で声を掛けて下さる知り合いの方達、そして
ステージに立つオマケ、それらはとても嬉しい出来事でした。
もしかしたら、来年も手伝うかも。

そん時は自分も脱げる体になっていなきゃ!w
posted by にゃ at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

四万でふたり

四万温泉と言えば、お気に入りの銭湯「湯楽の里」の
四季の湯が、今シーズンは"四万の湯"だった。
伊香保と同じ群馬県にあるということで、ついでに
連れてってくれました。本当に、良い人です。

テレビドラマにも使われた超有名旅館「積善館」にある
洋風な作りの"元禄の湯"、この夏休み中にも関わらず
自分達が入った頃には客が一人も居ない!
ここぞとばかりに写真を撮りながらの入浴となりました。
撮影禁止の場所って多いですから、これはラッキーです。



.jpg


湯上り後はちょうどお昼。
通りがかりで気になった、柏屋カフェでランチしました。


喫茶.jpg


この日食べた柏屋カレーは、キーマカレーとレッドカレーが
一皿で食べられるお得なカレーです。勿論美味しい。
デザートに食べたバナナケーキも美味しかったのですが
とっても上品な量になっていて、この日も叔父が頼んだ
クリームあんみつが羨ましかったです。。でも美味しい。

1階には、お店セレクトの和雑貨が置いてあって、そのどれもが
手に取りたくなるくらい綺麗!センスを感じます。
自分ブックカバーを一つ、買いました。

こぎれあん.jpg

京都にある、「小裂庵」という和雑貨のブランドの商品。
これを持つために小説を読んでるくらい、今のお気に入りです。


小さな温泉地ではありましたが、町の雰囲気がとても
心地よく、もう一度行きたい場所の一つになりました。
今度は誰と行くんだろうか。

posted by にゃ at 00:44| Comment(1) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

伊香保温泉の町並みは

叔父が久し振りにドライブに連れてってくれました。



深夜に家を出て、女夫渕に到着。
したはいいんですが、一つ重大な事を忘れていました。

虫除け対策。
女夫渕の辺りは、この日沢山の吸血虫が
飛んでいて、普段から、蚊やダニの大好物になってる
自分が外に出るのは大変危険なことです。

せっかく連れてきたくれた叔父に謝って
帰ろうと告げると、そんなに距離は
ないからと、伊香保の方に行ってくれることになったんです。
しかも、宿付きで。
凄く、良い人です。


伊香保の町並みは絶妙です。


伊香保.jpg


やたらと多い、変な名前のスナック。
古ぼけた建物と、風情のある石段、それらが作り出す雰囲気は
昭和歌謡みたいな猥雑さとインパクトがあって格好良いです。
この感じ、夜の下田にも似てる。

この日の宿の"美松館"、ちょっと期待してたものとは違ったのですが
まるで近所のオバサンみたいに話す仲居さんが面白い。
この人が居るお陰でなんだかシュールな気分が増幅されました。

3時のデザートは、雑誌に載ってた"茶房 てまり"。


てまり.jpg


叔父が頼んだクリームあんみつは、柚フレーバーで美味しかったらしい。
でも、自分の食べたチーズケーキは、小さくて味も手作りぽくなくて
ちょっと寂しくなりました・・


夜は、露天風呂が貸し切り状態でゆったり浸かれて良い感じ。
すぐにぐっすり寝てしまいました。


posted by にゃ at 02:44| Comment(2) | TrackBack(2) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

二子玉川 「玉響」

050618_1833~0001.jpg


自分にとって二子玉川というのは、乗り換え地点であり
玉川高島屋S.C.に行くための駅であって、自分なんかは
せいぜいSOUP STOCK TOKYOのボルシチを食うぐらいだろう。

と、思っていたのですが、二子玉川、結構リーズナブルで
美味しい、しかもお洒落な居酒屋があるんですな。
その中の一つ、「玉響」というお店に行ってきました。


地酒の豊富なお店、というのは数あれど、ここに置いてあるお酒は
ダバダ火振紅椿天使の誘惑など、自分の大好物ばかりでして
それだけで結構満足。

メニューは、洋風のメニューもありながら
きびなご、酒盗、京野菜など、酒を呑む為の
料理も豊富。
また、ここの豆腐はかなり美味い!
ざるに乗って出されるのも涼しげで良い感じです。
今回、一番美味しかったのは、桃太郎トマトを器にした
その日お勧めの豆腐。
とても濃厚な大豆の味がしました。


どうしてもお買い物の街、という印象がありますが
便利で動きやすい街並みなので、気軽な食事に
降りてみるのもいいかもしれませんね。


玉響詳細(ぐるなび)

posted by にゃ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

夢のような嘘

image/satohtaicho-2005-05-25T21:10:37-1.jpgどうやら3ヶ月連続TDL行きになりそうだ。


今月の初めに友達♂と
来月飲み屋のイベントで
7月オフ会関係で。

入場の瞬間、本当に魔法がかったようにフワフワするあの感覚は
毎月体験してしまうと戻ってこれない気がして少し怖いが
行くからには余すことなく夢を楽しんでこなければ。


絵本の世界を忠実に立体化したプーさんのハニーハント
細かい演出で飽きさせない昼夜のパレードと
夢を夢とさせない努力はぬかりなく、自然と涙が流れてくる。
それを誰にでも許されているのがあの空間なんですよね。


みんなの夢は叶う、必ずしもそうとは限らないが
だからこそ大がかりな世界で言い続けなければいけない。

ジョンレノンが愛と平和を歌い続けたみたいに
突き詰めれば不可能なことでも、想いは残る。

ウォルトが作った、馬鹿みたいにハッピーな思想は
危険な程に明るい。
たまにはそんな熱に浮かされるのもいいのかもね。
posted by にゃ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

東北旅行3泊4日 三日目

龍泉洞→北山崎→仙台(牛タン利休)→六尺バー


龍泉洞.jpg


どこまでも澄んだ水に感動・・次の瞬間、血の気が引く。
洞窟って、多足類が生息しているのですね。
冷や冷やしながら洞内を周ると入り口ではキィキィ泣く声が・・

ちょっと静かすぎる北山崎で休憩し、しばし考える。
このまま帰れば、叔父も疲れるし。


予定を追加し、仙台へ!
仙台と言えば牛タンですよね。


利休.jpg
雑誌にも載っている牛たん炭焼き 利休は、地元民も
認める優良店。

ボリュームが半端じゃない定食も勿論売りですが
提供時間が早い為に客の回転も良く、並んでいても
あまりストレスを感じることなく順番を待てます。
ちょっと驚きました。


さて夜中はどうしたもんか。


仙台のバーは16件前後あるらしい。
その中で入った一軒目のお店では、よくしゃべるオジサンが居て
意気投合し、というか便乗し、二軒目のお店へ。

二軒目のバーはなんと六尺バー。
ちょっと興味あったんですが、叔父は全く興味は無し。
その濃すぎる空間と、先のオジサンに疲れて先に帰ってしまう。

自分はというと、その場に居た人に、流れに任せて締めてもらいました(笑
ちょっとハマリそう・・・そして朝帰り。

次の日、多少ぐったりしていたが、思ったより早く
家路着くことができ、そのあとぐっすりねむりました。

今回も叔父に有難うとお疲れ様。
去年よりも楽しい旅でした。
posted by にゃ at 23:57| Comment(5) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北旅行3泊4日 二日目

田沢湖→乳頭温泉郷→後生掛温泉→盛岡(ビジネスホテルとバー)


田沢湖.jpg

ちょっと、スワンに乗りたかった。

でも、秘湯は人を待ってはくれない。
まずは乳頭温泉郷にいきました。

くねくねと回っていく道はとても雰囲気がある。
なんていうか、殺人事件が起きそうな・・TVの見すぎか。
すっかり有名な温泉地のため、行きの車、帰りの車共に多い。
駐車場は停められるかどうか・・昔はそんなのも無かったんだろう。

乳頭温泉郷.jpg

脱衣場の靴の多さに驚いたけど、湯船はとりあえずキャパはあって
でも、ゆったり入れる感じではない。比較的若い人が多くて、後に
出かけるバーのマスター曰く、「良い体が見れることで有名」だって^^;

そのまま次の温泉、後生掛に行く。

ここの古い建物は、思い描く湯治場の雰囲気直球。
箱型の蒸し風呂に入り、泥湯に入り、気分満喫です。


この日の宿は、ビジネスホテル。
やることが無いのでバーでも・・
盛岡の6件のバーのうち、場所が分かったのは2件だけで
しかしどちらの2件も好印象でした。
特に2件目のお店のマスターかっこよかったなぁ。

posted by にゃ at 22:14| Comment(2) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北旅行3泊4日 1日目

 蔵王お釜→立石寺(山寺)→銀山温泉→鬼首(ペンション)


山寺.jpg

一つの都市に住んでいると、すっかり忘れてしまう。

桜前線は流れる。

立石寺の満開の桜は、ゆらゆらと散っていて、水田や山といった
田舎の景色に似合ってとても綺麗でした。
息を切らす長い階段もなんだか楽しくて、ガンガン進むと
頂上はとても朗らかな空間で、奥の院や開山堂をゆったり見物。
下山後、高砂屋本店の二階で食べた、そばと天婦羅も美味しかったです。


東北旅行1日目は、車の混雑もなく、気楽な旅となりました。


銀山温泉.jpg

銀山温泉は、昼間でもやはり風格と歴史ある温泉街。
藤屋が改装中だったのは残念だけど、しろがね湯が
二人でゆったり使えたのはちょっとラッキー。

鳴子の温泉に浸かり、鬼首のペンション、アルピーヌに着くと
なんだか気持ちよくてすぐに寝てしまいました。

アルピーヌ.jpg
posted by にゃ at 21:18| Comment(2) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

旧芝離宮恩賜庭園

050423_1617~0001.jpg

050423_1530~0001.JPG

浜松町の駅周辺は、元は海だったらしい。

埋め立てたのは遥か昔だという事実に驚きます。


1678年、大久保忠朝が造らせたこの庭園は
残念ながら第二次世界大戦で建物が焼けたそうで
今は柱だけが残っています。


周りはビルが並び、モノレールが走り、JRの発着ベルが鳴る。

それらに融合するように存在し、都会の速度と癒しのリズムとに
接点を作り出しているこの場所は
歩き出す為のちょっと一休み、を得られる
素敵な空間です。


浜松町という街自体、夢や理想があった時代に描かれた
近未来の姿といった感じでとても不思議です。
posted by にゃ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

花など見ないが花見はする

no-title木曜の夜から呑み始めて、金曜に脱がされ
土曜に女の乳を揉んだりチューしたり
具合悪くてもう飲めなーいて言いながらも
花見で日本酒一本を即座に空ける乱れっぷり。

そんなこんなアゲを続けると、サゲは必ずやって来て
心身共にダルい、辛い、恥ずかしさに反省…

もっと大人しく過ごそうと思ってるけど、無理でしょうな。

先週の日曜日、御苑は花が咲いていない分、人も多くなく
結構快適にゆったり酒を楽しむことができました。
何より暖かな気温の快晴だったのが良い。

写真は、この日来てたコスプレ集団の一人で
サムライの格好で山崎片手に木を見上げておりました。
この方、この日大注目されてて、みんな
話しかけたり写真撮ったりして
もしかしたら花より主役だったかも。

来週は知り合いの女の子主催でまた花見。
露出で有名な夜の代々木公園、何が起こるか期待してます。

また自分が脱がされたりして(笑
posted by にゃ at 01:52| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

いちごの里の住人に

PA0_0113.JPG


「君、呑んでただろ?」
と、出会い頭に言われる。

せっかくお誘い頂いたのに遅刻しては困ると
朝まで呑んでたら、ちょっとフラフラ。
先週の日曜、その、呑んでたお店のマスターと
常連さんお二人で苺狩りに行ってきました。

普段、ノンケの中で演出して過ごしている者にとって
開放された夜を昼に持ち込む違和感は、結構面白くて好きです。
バレバレな面子が揃うほど、あえてノッて行きたくなります。


一時間ほどでいちごの里に到着。


受付は既に家族連れやカップルで混んでいて
多少浮いてる気もするけど、お仲間とイケメン探しは
欠かせない夜の住人達。早速お仲間一組発見しました。

食う気満々の人間たちにはちょっと長いハウスへの道を
往く間、室内の苺が全部無くなったら他に移動できるの?
などと心配してみた一同ですが、見た目よりも多くの
実りがあり、制限時間30分のところを15分で満足。

かなりはしゃいでるマスターは、この日の目標
50個を突破したはいいものの、胸焼けで辛そうで
でも不思議と胃にもたれなくて、後に行った
佐野アウトレットでは天ぷら丼を食ってました。セットで。


帰りの渋滞は運転なさってた方の腕で
快適に素早くすり抜け、無事帰着。

普段のアゲで出会うのとは違う感覚でお話した
その空気、なんか今になって心地良いです。


参考:
いちごの里(栃木県)
posted by にゃ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

ベストオブ多摩川

風邪を引いてダルい頭が、薄闇の多摩川の景色に気づく。
昨日とは全く違う空気を感じると、それだけで
気分は軽くなり、電車の走る音や話し声までもが心地よい。

総ての事が一気に色づく春という季節が自分は一番好きです。
ネコだってそりゃ盛るわ。


多摩川…上京して来てからずっと、晴れた春に
バーベキューをしてみたいなと思っているけど
それがなかなか実現しない。

田園都市線二子玉川駅から見える、休日の
幸せな家族や仲間の風景は、目眩がするほど
暖かそうで、気持ち良いんですよねぇ。

結構遠くまで続く多摩川ですが
一番の場所ってどこなんだろう?
ちょっと気になります。
posted by にゃ at 20:47| Comment(2) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

スキー宿ってこんなもの・・・なの?

スノボ、2シーズン目!
前回、何度もくじけながら、なんとかまともに
滑れるようになった運動神経0の自分が、また
やりたいなと思うスポーツって、恐らく生涯これだけです。
今回は豪雪地帯、新潟は石打丸山へ!

スノボ.jpg

ずっと降り続けていた様子の雪。気分満点ですな。
周りは初心者さんが多くて気兼ねないし、張り切ってリフトへ。


あれ・・・全然滑れなくなってるorz...


去年体で覚えたことが分かってるだけに、こうじゃない、全然違うと
泣きそうになりながらガンガンと白銀と戦う自分。ショボ・・
それでもやっぱり2時間後には勘を取り戻す。
顔は馬券を握り締める親父のように必死のままだけどな。


その間、どんどん雪は吹雪に変わってきていて、2時頃には
前が見えないほどに。流石に初心者には辛いので今回は終わり。
叔父より先に、ホテルにチェックインすることにしました。


石打スポーツホテル

スキー場の目の前にあって、露天風呂あり。
食事は和洋中のバイキング!
リフト券も付いて11400円!
こりゃお手頃かなーと思って予約したんですが、入ってびっくり。


部屋、掘っ立て小屋みたいじゃん。
それだけなら良いんですが、アメニティ関連が全く無し!
お茶もないし、歯ブラシもないし、スリッパなんか当然のように無し。
障子破れてるし。

こりゃ、もしかして夕食も・・
という予感は的中した。

体育館みたいな大広間のステージに上って料理を取る人々。
小学校で、グルグル回りながらプリントを作る様子がフラッシュバックします。
料理は、バイキングっつうか、非難所みたいな、間に合わせだろうレベル。
確かに、

和:味噌汁(あと、お新香?)
洋:ハンバーグ(ぽい物の炒め物みたいなの)
中:マーボー豆腐(みたいな汁物)

てなってたけどねえ。
お替りに行く人は、殆ど居ませんでした。


やることもなく、疲れてしまったので11時まで寝る。
起床したら、とりあえずお風呂に行ってみる。

薬壷の湯と書かれた浴場は、意外に普通。
割と大き目だし、仕切りで外は見えづらいけど、一応露天風呂。
湯加減も熱すぎなくて心地良い。
まあ、HPに書いてあった薬湯は湯が入ってないわけだけど。


どの方面から見ても完璧すぎて、笑えるくらい微妙な宿。
金ラメのマニキュアの女将さんと、爆発頭のオバサンも味があるし
泊まった後は話が弾む、良い宿とも言えるかもしれません。



さて、清清しい朝、駐車場へ向かうと、車がこんなことになってました。

雪.jpg


久し振りに雪かき体験。
今回の旅は、なかなか面白かったです。
posted by にゃ at 19:56| Comment(3) | TrackBack(2) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

通勤の友にみすず学苑

「怒涛の合格!みすず学苑」


朝の通勤で必ず見てしまうこの広告。
そのイメージキャラがちょっと変なんです。


050204_1815~0001.jpg


「縄文太郎」
「ヤマトタケル」
ときて
「合格してくれおパトラ」。


……くれ……パ……

。・゚・(ノД`)・゚・。サムイヨー!!

縄文太郎だけ、CGだし。

でも、一番変なのはヤマトタケルだよね。
意味わかんねぇもん。古人繋がり?


息苦しい満員電車の中、広がっていく微妙空間。
日々の糧に…ならないか。


参考:
みすず学苑

posted by にゃ at 06:40| Comment(9) | TrackBack(3) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

スノーボード天国at横浜

今年は沢山滑りたいなー。
ウェアとかも新調して。
て、思ってるときに、TVでスノボの展示販売会が
横浜の大さん橋ホールで開催することを発見。
早速入場券を請求して、みなとみらい線に乗り込みました。

中華街で食事。
いつもは、鯉鰻(リーマン)菜館ていう
美味しいリーマンが食べれる店に行くんですが(嘘
今回は白楽天というお店に行ってみました。

人が全く居なくて焦ったけど、料理は普通に美味かった。
海老マヨはもっとスパイシーなのがいいな。

一息入れて、大さん橋ホールへ向かう。

大さん橋ほーる.jpg

実はどこなのか分からなかったけど、そういえば
2年前の彼氏に連れてってもらたとこだわ。

会場はそのずっと奥にあって、ポツポツと人が入ってく。
アレ?みんな入場券持ってない。
もしかして・・・このハガキ、意味無し?


まあそんなことは気にせずに商品を物色。
今年のモデルがかなり安くなっていて、でも
自分は躊躇しちゃう値段なので、小物を買うことに。

PA0_0112.jpg

とても怪しいかもしれませんが、自分はこういうの好きさ。。


外を出ると、もう夕方。

みなとみらい.jpg

帰りはapstyleというお店でお茶をしてゆったり

apstyle.jpg

・・・しようと思ったら、オバサン集団が下品な大声で雑談・・
最中に挟まれた梅アイスは美味しかった。


久し振りに叔父とのお出かけだったのでちょっと
ウキウキ。帰りの電車で懐メロを口ずさんでしまいましたw
posted by にゃ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

渋谷で休憩

お茶
今日は叔父と渋谷で夕食。

ちょっとだけ高いお店だから、意味なく
ワイシャツネクタイでお出かけ。でも
カバンは仕事用なんだぁ…恥ずかしい。

半蔵門線渋谷駅で待ち合わせだから、
近場の喫茶店に入ってみた。

お茶専門のこのお店はsuicaが使える。
初めて入るけど、地上のスタバより空いてて、
これからずっと使えそうだ。

suicaでの支払いはよく利用するから、自分の
suicaはいつまでも半端な数字が残ってます。
posted by にゃ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月31日

昭和レトロ居酒屋 ハッピー酒場

久し振りの酒、しかも今回はオフ会で。
いつになくはしゃいでしまって、今日は
夕方まで二日酔いになってしまいました・・


今回の一次会で使われたのは、新宿駅前の
ハッピー酒場という居酒屋です。

こういうコンセプトの居酒屋って、人気ありますね。
自分達は一番大きい部屋を使わせていただいたんですが、
次から次へと客が入ってきて、階段に待ちもちらほら。

メニューは当然、ナポリタンとか、アニメキャラの
名前のついたカクテルなど、懐かしさを感じさせる
ものもあるんですが、方向としては、田舎の居酒屋で
出るような家庭料理が多いです。

お店の人も割ときさくなので、どんどん話しかけて
雰囲気を楽しむのも良いかも。
漁村に居そうなレトロな店長が着ていた、オロナミンCの
Tシャツ、欲しいなぁ・・


ハッピー酒場詳細
posted by にゃ at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

雨降るドライブ其の四

霧の前

帰りの道になると、少しづつ天気が悪くなり、
濃い霧が充満したデンジャーゾーンを走行。
雨も降ってて大変危険・・・

霧
疲れた叔父と、南清里道の駅で休憩。
ここ、恐ろしいくらいに真っ暗!!
トイレに続く道なんて、人すれ違うのもわかりづらい。

いやぁ、アオカンに最適だねぇ(違

夕飯を食べに、出発。
でもめぼしい所は無く結局双葉ICで
トントロ丼を食べることに。
自分、なんかのブログで美味しいと聞いたことが
あったはずなんだけど、正直トントロじゃねえし。
ガガーリそして高カロリー。

今回の旅は叔父さんホントお疲れ様って感じです。
でもまた連れてっていただきたい。
posted by にゃ at 14:10| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨降るドライブ其の弐

蓼科の道の駅に移動して、
Fitのフラットシートで眠ることに。
4時に移動。

朝になると空はすっかり晴天!

快晴
温泉に入ろうと思ったけどどこも開いておらず(汗
蟹屋横丁へ移動することにしました。

カニ

蟹って、自分は「それほど好きじゃないもの」の
一つなんですが、周りを見ると、なんだか異様。

みんな、焦ってるというか、血走ってるというか・・

やっと獲物がかかりやがったぜヘ(゚∀゚ヘ)アヒャヒャヒャヒャヒャ
みたいに自分は見えましたw

獲物を貪り食ったところで、親不知海岸へ。

まだ少し波は高くて、見ごたえがありました。
橋桁に、青亀と赤亀のオブジェが引っ付いてるのが
少し気になるところです。

親知らず
posted by にゃ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。