2005年12月31日

「トニー滝谷」について

トニー滝谷 プレミアム・エディション
トニー滝谷 プレミアム・エディション



常に人気を集める人は、一人の時間を過ごす
のが上手い、と何かで書かれていたのを見た。
多分それは、大勢の人間と居る時間との気持ちの
切り替えが、容易にできるからだろう。

独りで居ることは、決して孤独という言葉が持つ
寂しさとイコールではない。

それなのに、常に孤独を寂しいと感じてしまう人というのは
いつも自分の感情に振り回されがちだ。




映画「トニー滝谷」は、一風変わった演出がされている。

色が薄くあまり動きのない映像に、淡々とナレーションが
流れていく。それは、ガラスケースに閉じ込められた、物のようだ。

時折、登場人物が台詞でシーンを一瞬、描写しはじめるが
何事も無かったかのように物語が進む。
孤独に理由や感情を持たせない、その距離感の作り方は
原作の雰囲気とさほど相違がない。


独り気ままに生きてきた父の息子であるトニー滝谷は
孤独を「特に寂しいとは思わない」人間に育ち
思想や感情に拘る人間を「未熟で、不正確」だと批評する。

魅力的な女性と出会い、関係する喜びと孤独に対する恐怖に
気づく主人公、という話から、何か劇的な変化を想像して
しまいそうだが、彼女を失った後も、人と比べれば
驚くほど感情の触れ幅も狭く、人と比べれば
簡単にそれを捨てて行ってしまっているような感じがする。
多くの人の目には、トニー滝谷は
「寂しいまでに孤独で、つまらない男」
に見えてしまうだろう。


しかし、孤独でつまらない人間は、寂しい人間なんだろうか。


「未熟で、不正確」なことが、人間らしさであることは
逆に、「未熟で、不正確」であるために、抱えきれない
感情を生み出す。

それを上手くコントロールできる人も居れば
当然、いつも暴走させてしまう人も居る。
人と関係していかなければいけない中で、感情は
常に受け渡されている。ぶつける事も、奪うこともできる。
だからこそ、感情がなくなってしまえば良いと
考える人間というのは、沢山居るのだ。


「トニー滝谷」は孤独な映画だと思う。
それを特に寂しいとは思わない。
posted by にゃ at 03:48| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

オー!マイキーてご存知ですか

テレビ東京で深夜に放送されていた怪しげなコメディ番組
バミリオンプレジャーナイト」の1コーナー"フーコンファミリー"が
いつの間にか一人歩きして、独立した番組としてまた放送されているんですね。

不条理な展開、エロと暴力ネタをマネキンがやるってのが
気持ち悪くて、人によっては全く受け付けないこの番組。
現在、ケータイ用サイトとezチャンネルでの動画配信があって
なんとなく両方登録してしまいました。

ezチャンネルの方は、ちょっと画像が荒すぎるで、なかなか
あのポップな感じが伝わらないかも・・


OH!Mikey HARDCORE
OH!Mikey HARDCORE

posted by にゃ at 12:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

「モンスター」って他人事じゃないし。

モンスター プレミアム・エディション
モンスター プレミアム・エディション



うわー・・・・・

ちょっと違う世界が観たかった女の子と
抱えきれない自分自身の改革を他者に求めた女という
夢見がちな人間が陥りやすい過ちを、ロックな感性でもって
バシバシ見せてくれるこの映画、身につまされすぎて
冷や汗が出ました。

人を愛することに、自分の救済を重ねてはいけない。
現実で生きる限り、地は一人で立つべき場所であって
それを孤独と混同してはいけない。
分かっているんですが、誰でもすんなり飲み込めるような
簡単な社会でないのも確かなんですよね。


この映画は多少脚色もあるでしょうが、実話に基づいた話と
いうことで、この後のセルビーの生活を案じると共に
人のスタートラインについて考えました。

障害のある人や、辛い経験をされた人、沢山の境遇がありますが
今現実に懸命に生きる人は、それに甘えて生きていても
その人生を全うすることができるだろうか?

勿論、他者は同情できるでしょうが
生きる当人にとっては何事も無く過ごしてきた人と
同じ社会に立っている意識があるはず。
だって、誰も自分の人生には代われないから。

そう思うと、甘えていてはいけないと、独りを嘆くより
一人で生きる努力をしようと、しゃきっとした気持ちになります。
救いの無い話ですが、決して凹むことはない作品です。
posted by にゃ at 23:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

映画「コンスタンティン」

より良い死のために生きる日々…

何やらネガティブな始まりからそのまま
ネガティブな要素をふんだんに盛り込んで終わる
大作らしからぬ暗い映画。だけど、ラース・フォン・トリアーの
執拗なキリスト教批判の重苦しさと比べたら、やはり
エンターテイメントした、神とサタンと人間のお話です。


エグい!派手!ショッキング!な
映像、ストーリーと、善に対する悪ではなく、二つが個々のエネルギーとして
対立していてその間に挟まれているのが人間、という考え方はまさに
ヘビィメタルの世界・・今年の大御所復活を予言していたような・・

天使と悪魔(ハーフブリードね)が同じ翼を持っていたり
地獄の入り口がその時死んだ場所だったりと、分かりやすい
イメージでガンガン進んでくれるので、暗い割にスカッと観れる。
なんかゲーセンで見たことあるような展開もあるし(笑

ところで、この映画で知ったのですが、サタン(ルシファー)て
昔は神だったのですね。
息子のマモンは人間の形をしていないのは何故?て思ったけど
「神は自らに似せて人をお創りなすった」
ということですか。

このルシファー役のピーター・ストーメア、自分が
大好きな俳優なのですが、むちっり派手で変態なオネエ、みたいな
魅力的なルシファー像を演じていて、釘付けになりました。
ああいう人、実際に居るけど、個人的にちょっと憧れるんですよねえ。

マトリックスともテーマの似通った映画ですが、今回も
なんだか続きそうな予感・・どうなんでしょうか。




コンスタンティン公式サイト
posted by にゃ at 09:40| Comment(1) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

ダコタに居てほしい

叔父とすごい久し振りに映画を観にいきました。
自分としては「ロングエンゲージメント」が気になったけど
叔父はラブストーリーものが大嫌い。
前に「ラブアクチュアリー」を一緒に観たことも、きっと覚えてないんだろうなぁ。

そんな二人を結ぶのは、今週のところは「ナショナルトレジャー
だけ。
ちょっとだけ面白ければ・・といった思いの通りの
結構地味な映画でして、それよりも、ニコラスケイジの
京本政樹のような眼とジョンボイトの性別不詳さが怖くて
敵役のつるつる頭がイケるなーみたいな見方に逃げました。
もっと、サプライズが欲しかったですね。

さて、次回は何を観ようか。
チラシを収集して気になった映画は2つ。
宇宙戦争」と「ハイドアンドシーク」です。

2つの共通点は、キャスト。
名子役として現在大人気のダコタファニングの演技は
どんな映画でも、彼女が居るとクオリティが増すくらい
存在感があるんですよね。
アイアムサムも良いですが、気になる方は是非「コール」を
観てください。演技派女優といってもいいくらいです。
posted by にゃ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

映画「SPUN」が面白いということは。

レンタル屋で「21g」を手にとって、もう一本は
もろアメリカンなくだらないのが観たい!てことで
目に留まりましたこの映画。


キャストは結構豪華だったりして
インチキ臭い顔が個人的に超好みなジョン・レグイザモ、
ティーン映画に欠かせないミーナ・スヴァーリ、
ブリタニー・マーフィー、名脇役で自分も大好きな
ピーター・ストーメア、そしてミッキー・ロークなど。

このキャストにして、内容は期待を裏切らない。
ドラッギーな映像なら「ラスベガスをやっつけろ!」と
比較すると底が見えてくるくらいのもんで
PV出身の監督としてはセンスが無い気がする。

もしかして、意図的なんだろうか。
だとしたら、この監督はすごいかも、なんて思う。
この映画、自分は決してつまらなくは無かったからだ。


登場人物のほとんどがヤク中のクズ。
派手なことも何一つできずに、底辺な生活に甘んじている。
その雰囲気に追い討ちをかけるのがドラッグを吸ったときの
しょうもないトリップ映像で、思わず失笑してしまう。

でも、自分の生活がどのくらい違うのかというと、
ドラッグが無い以外、平行移動すればそんなに変わらない。
だらしなくセックスに塗れ、たいした目標もない派遣社員で
酒でストレスを発散する日々だ。

何をしても所詮お前はこの程度。
そんな言葉を突きつけられてるような気がして
なんとなく心に残ってしまう映画でした。


この映画って、音楽がビリー・コーガンなのですな。
日本人で言うと、吉井和哉みたいな感じの人ですが
今一体なにやってるんでしょうか。

SPUN
SPUN

posted by にゃ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

ソフィア・コッポラ「ロスト・イン・トランスレーション」

ロスト・イン・トランスレーション
ロスト・イン・トランスレーション


ビル・マーレイが、とても外国人ぽい・・・


スカーレット・ヨハンソンと一緒に、日本人は○○とか、
しゃぶしゃぶは最低の料理だとか言ってる姿は
そこらに居る外国人に対する違和感と同じ感じを受ける。
外国人だから当たり前のことなんだけど、そこから、
この映画に流れる歪みにすんなりと入っていける。そういう
仕掛けがこの監督は得意なのか、自分が単に同調しちゃうのかは
わからないけど。


社会の中で、身の振りを考えたり、正しい事だけではない
対人関係のなかでうまく対処していくとき、未だに
疑問を払拭できずに、無理に押し込む自分が居る。
年をとったら慣れていくはずだ、と宥めながら。

でもきっと、それは慣れるわけではないのではないか。
押し込め方がうまくなるだけなのでは?



「年をとったら慣れていく?」

22歳で結婚したばかりの女性に、忘れられた映画スターが
話す愛情の話。それは子供を持つ人間の事実ではあるが、
それを確かな答えとしては話していないように見える。
この女性が持つ、世間と自我との軋みと同じものを含んでいて、
そこが二人の何ともいえない距離に繋がっていそうだ。
息苦しいくらいに切ない。


ところで、この映画に出てくる東京の街並み、
東京出身の方はどう見えただろうか?

自分が初めて東京の街を見た感想、実は
「楽しすぎて二度と行きたくない」
という映画のセリフと全く同じだったんです。
今ではあまり気に留めないけど・・・



posted by にゃ at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

映画「恋に落ちる確率」を偏った視点で観る。

翻弄されてなどいない。

夢に堕ちていくことを楽しんでいながら、保証された
現実の裏付けを最後まで求めている。

自らの理解力、決断力に欠けた行動で全てを
失うのに、きっとこの男は"翻弄"という言葉で
この出来事を位置づけるだろう。ああムカツク。

運命の人に近づくほど、現実が遠ざかる・・
キャッチーなテーマだし、友達と観ると話が弾むかも?
て思ってシネセゾンに出向いてみたものの、これまた
かなりの不条理劇!それでも、一つ一つの場面がすごく
濃厚で印象的。お友達も、もう一度観たいと言ってました。

冒頭の出会いの場面の、二人の言葉や目の動き、
ベッドシーンでの唇の触れ方とか、むせ返るくらいに
正確に愛がやり取りされる瞬間を捉えていて、観てて
ドラッギーですよ。溜息出ました。
一度解体して、僅かな繋ぎ目を残したまま再構築したような
この映画の構成は、愛について一つのラインが描かれて
しまわぬ為のものでしょうか。とても後を引きます。

この映画の冒頭にかかるのはcole porterの"NIGHT AND DAY"。
これがとても印象的な曲でして・・
丁度最近、とある場所でこの人の人生を描いた
映画「五線譜のラブレター」の話題が出ていて
とても気になっていたことろでした。
でも、誰が歌ったものなのか分からないんですよね・・
いろいろ探して、pat booneかな、と思うのですが、
今日買ったベスト盤にはシナトラが入ってました。
こちらも素晴らしいですが。

それともう一つ、是非公式HPを訪れてください。
恋に落ちる確率診断というのがあり、それが
とても直感で答えられない質問ばかりで面白いです。
自分の結果は"ストレス共有型"・・嘘が無い。


"恋に落ちる確率"公式HP

posted by にゃ at 21:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

もっと光を!! 映画「オランダの光」

今日て何の日?
休みであることさえ忘れていたので、
かなりウキウキしましたね。
夕食はイタリアンに連れてってくれるとのことなので、
昼間はずっと観たかった映画の初日に向かいました。

会場である恵比寿の写真美術館。遠い・・・
ガーデンプレイスてこんなに遠かったっけ?
お洒落な方達がイパーイで恐縮です。

場所が特殊ということもあって、席は割と空いている。
ゆったり観れるなーと思ったんだけど、後ろの
英語で話すチャイニーズカプールが終始しゃべってる上に
イスをガンガン蹴っててウザ!マナーは守れ〜!

フェルメールやレンブラントら17世紀の
オランダに傑作を残した画家たちが描いた
"オランダの光"は本当に存在するんだろうか?
そもそも、オランダの光とは何を指すのか?
光について徹底研究するドキュメンタリー。

映像を見ててまず思ったんですが、
この監督って、光の何を撮りたかったんだろう?

デジタル技術を廃し、フィルムを使った映像は、
やたらに濃くてのっぺりとしていて、色が潰れそうな
勢い。そのために光は重いし、むしろ雲の陰の方が
迫ってくる美しさがあったように思う。

各人の光についての言及は、交わされる瞬間もなく
ほとんど投げ出されてしまっているような状態で、
そのためにずいぶんと独りよがりな印象を与えてしまう。
結局この映画は、
「オランダの光を軸に検証した光についての考察」ではなく
「オランダ芸術とオランダ人の思想」だったんだろうか。

こう考えてしまうと、少し引っかかるものがある。
もしかしたら、自分も一人善がりになってはいないか?

作中に
「いつも同じで、常に違える」
みたいな詩がありますが、
自分はオランダの光を観た事がないし、もしかしたら
あの暗さこそが、登場する人物たちの見ている光
そのものかもしれない。
深く考察し、その考察を研究する・・・
その過程が重要だといいたいのでしょうか?


でもしかし・・映画ならもっと、光について
練った一つの意見を、映像で見せてほしいです。

関連ページはこちら


posted by にゃ at 00:26| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

寝たのは自分のせいです・・ 「珈琲時光」

土曜日は映画を観まくるぞ!と意気込んだものの、
午前中で死ぬほど眠くなってしまい断念・・・
観たい映画が探せなかったのも原因なんですけどね。

ずっと観たいと思ってて、ついつい見逃していたので
吉祥寺までわざわざ出向きました。「珈琲時光」を観に。

こじんまりとしてるけどとても居心地の良い劇場。
適度な混み具合の場内のなかで観るこの映画は・・

眠い。すげぇ眠くなる・・・
決して映画が退屈なわけじゃないと思うんだけど、
あまりに淡々としていて、同じ列のオジサンも必死そう。

主人公のがガンガン歩き回る町並みの景色は
今の東京を映してはいるんだけど、
意識的に現代の匂いを消している。
CDを聴いていても、ケータイで話していても、
現代から少し遠いような・・個人的には、
80年代の雰囲気があるな。

登場人物たちも感情を抑えられていて、
それが映画の雰囲気を作っているんでしょうけど、
もう少し何か葛藤があったほうが、て思いました。
なんだか、心浮き立ってるような歯がゆさを
どうしても感じてしまいます。
ほんの少しだけ、苦味があるだけで良いんですが。

それにしても、実家のシーンは秀逸です。
母が居て、父がいて、自分の居場所があるという、
理想の家の風景。
自分の中には父は居ませんが、親の暖かさって
やっぱすばらしい力だなって思いますよね。

公式HP
posted by にゃ at 22:56| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月26日

生ぬるい感情のループ パトリスルコント「歓楽通り」





思いを、すぐに映画や音楽と結び付ける癖が自分にはあって、
それは追体験ではなく、中和の役割を果たしている。
どうにも動かせないものなら、すぐに形を表して、忘れたい。


中学の時。

Fという好きな子が居て、女友達もその子が好きだった。
それはお互い知っていたんだけど、ある日、
その友達に手紙を渡された。Fに届けて欲しいと。

これ、普通なら最悪に惨めなパターンだけど、
自分はかなり喜びながら、すぐに渡しにいったんだよね。

その感情に無理や偽りは無く、きっと元から
諦めていたんだろうなと思ったんだけど。

違う。本質はもっと狡いんだ。

自分は、二人の行方に関わることで、その子に近付きながら、
嫌うことと嫌われること、同時に回避したんだと思う。

娼婦の世話係りとして生まれたプチ=ルイは、
理想の女性マリオンを見つけ、人生を支えることに
従事しようと、彼女をスターに仕立て、男の世話までしてしまう。

彼は一見、献身を貫いたように見えるが、
人生を捧げることでエゴを巧みに忍ばせ、
マリオンの人生に安全に居座り続けようとしてるだけだと思う。
安全はいつだって狡い。

歓楽通り
歓楽通り
posted by にゃ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

幸せになる”ため”のイタリア語講座です。

幸せになるためのイタリア語講座 デラックス版
幸せになるためのイタリア語講座 デラックス版

シカァーーーーーーーーーーーーーーー

と、変な溜息が出てしまった。

現在、大変落ち込んでしまいまして。
休みだというのにお留守番で・・・

そんな気分からいち早く抜け出して”幸せになるための
のイタリア語講座”なのに、とてつもない切なさに
息苦しくなってしょうがない。ヌヌヌ・・・・


幸せを掴めない。寂しい。上手く行かない。
そんな人達が少しづつ集まったイタリア語講座の教室。
それぞれの境遇は変わらぬまま、観始めて1時間に人が3人も
死んでしまう。小さなプラスの展開があるのに、気分はずっと
そのすぐ下のマイナスを漂って抜け出せない・・・

そりゃあ、大抵の人の人生はちょっとだけマイナスで、
ささやかな幸せを作り出しては時々プラスへ飛び跳ねるもんだ。
でもそんなの皆わかってるし、だから”幸せになる”と
書かれたこのパッケージを手にとるのだと思うが・・


ラスト、父の遺産が発覚した姉妹は講座の仲間を
イタリア旅行に誘う。その旅の中で
やっとパートナーと結ばれるのだけど、それは
まだ幸せになるための旅の始まり、てことなのだろうな・・


はぁ・・・・・マジで幸せになりてぇ・・・



posted by にゃ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月23日

”地球で最後のふたり”を一人で観る。

病み上がりのためにフィットネスはキャンセル。
でも気分は良いのでだらだらラブストーリーでも・・と
シネアミューズまで足を運んだのだけど、客の大多数は
男女問わず一人でした。

原題は”LAST LIFE IN UNIVERSE”。
なるほど。
主人公は「二人」ではなく「地球で最後」の方みたいです。

なんとなく上手く行かない。欲しいものが見つからない。
でも決して不幸なわけではない。
主人公が手に取る死や孤独は、そんな程度の気分に似合うセンス
ってだけ、といった雰囲気が作品にも漂っていて、人の死や
喪失感さえも綺麗な映像に埋もれてしまって、なんだかすごく
けだるくなってくる。
この映画で展開される表現は、あまりに情けなくてくだらないし、
ありきたりで退屈、と多くの人が感じてしまう類のもので、
人によって馬鹿馬鹿しくて寝てしまうかもしれない。

でも、自分が気に入ってしまったのは、自身がそんな感覚で
生きているからかもしれない。
これを見終わった後、外に出ると、相変わらずゴタゴタしていて
不穏な渋谷の街並みが見えてきて、自分もここも全部無くなって
いいなと思うんだけど、その感情の先に見える終わりの風景は
うんざりするほど美しすぎて夢のようなので、やはりまだまだ
現実を見るべきだなぁと思う。

そんな世界観の映画なので、良作とはいえないけど、家で時々
流してダラダラと眺めていたいなぁと思う、そんな作品です。

公式サイト
posted by にゃ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月10日

ヴァージンスーサイズ

ヴァージン・スーサイズ
ヴァージン・スーサイズ

「お前らに何がわかる。俺達はどうせ悩み多き10代だ」

そう吐き捨てられたあなたが、もし、いい大人ならば、
きっと笑ってしまうのだろう。
あなたはもう大人になっていて、
その幼い言葉と対等に向き合うことなんて許せない。
永遠に、「10代」と「大人」は遠く離れている。

今は自分は大人で、社会人ならではの楽しみや余裕も見つけて
充実した毎日なんだけど、それでもこの映画を度々観ては、
深く共振してしまうのは、10代が全ての世代から分断された、
眩暈がするほど濃厚な季節だからだろう。

死の匂い、乱雑なアイテム、少年と少女の猥雑な関係、それらが
いつか抜け出さなきゃと思いつつ、のめり込んでいた世界を
むせ返るくらいに思い出させてくれる。
5人姉妹の自殺によってパッケージングされたこの映画は
暗く透明な空気を漂わせ、まぶしい。





posted by にゃ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。