2005年12月30日

「屋台居酒屋 文化横丁」が好き。

年末に一人家でお留守番。
風邪も引いてるから遠出もできず
でも、近場なら無理ができそう。

普段呑みに出ることのない町田で出会った
「屋台居酒屋 文化横丁」は、昔、父親に
連れてってもらった田舎の飲み屋を思い出しました。


g901200l.gif


全体を広く見渡せる空間の端に居酒屋風のカウンターがあり
大型スクリーンではスポーツ観戦ができる。
タイガースグッズが所々に飾られていて、若い店員さん達の
服も黄色。でも何故か巨人のユニホームもあったりするから
特にタイガースファンではないのだろうか?

あちこちでグラスの割れる音がしたり、泥酔客が
大声で騒いでたり。喧嘩が始まってもおかしくない
けど、それもいいかなのちょっと期待してまう
テンションの高さがあって、酒の種類とか何食ってるか
あんまり気にせず、時間がたつのも忘れて話ができました。
静か過ぎる個室の店よりも、いろんな話がしやすいかも。

今度は大人数で、蛇口の付いた細長いピッチャーを頼んで
馬鹿みたいに騒ぎにいきたいと思います。



〒194-0013 東京都町田市原町田6-13-17 アーバンミサワ3F

小田急線町田駅 徒歩2分 
JR横浜線町田駅 徒歩3分 

営業時間:
月〜木・日・祝 17:00〜03:00(L.O.02:30)
金・土・祝前  17:00〜05:00(L.O.04:30)

参考:ぐるなび
posted by にゃ at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 呑み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

新宿「呑者家」

和民や笑笑の薄ーい水割りやマズイ冷凍食品を
食うくらいなら、もう少しお金使っていい酒と
つまみを楽しむ方が、ずっとお得じゃん!

と、貧乏性が抜けない自分でも、ここはと思った
お店が一軒あります。それが新宿の「呑者家」です。

他のお店よりも地酒の値段が安く、料理のボリュームも
かなりのもんで、海鮮サラダ(788円)は
ちらし寿司みたいに魚介が乗っかってて、友達二人で
ちょっと焦ってしまいました。
数人で集まって呑むときに最適な感じです。



銅羅店以外の3店舗はとても小さな作りをしていて
昔親に連れてってもらった田舎の居酒屋みたいな雰囲気。
若者やサラリーマンが中心ですが、女性同士のお客さんも
割と居るみたいです。

呑み放題(1500円)が無くともガンガン呑める値段なので
混む時間帯には凄く騒しくて、話し声もつい大きくなってしまう。
そういう感じもたまには心地よくて良いのではないでしょうか。
また、友達と騒ぎに行きたくなりました。




呑者家HP:http://members.jcom.home.ne.jp/donjaca/index.htm

営業時間は↑で確認を。
posted by にゃ at 10:28| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 呑み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

居酒屋「味座山人」は使える!

28日、年の締めくくりだからと、叔父が
おごってくれることになった。
せっかくだから美味しいものを、と思ったけど
目当てのszechwan restaurant 陳は満杯・・・
2番目の候補葱や平吉も満杯・・・
そうだ、皆、仕事納めなんだった。

しかたなく、2時間巡って新宿3丁目に着く。
ああ。そういえば気になる店が、と入った居酒屋は
これが大正解で、叔父も自分も大満足!
次の日、お友達も連れて呑みました。2チョも近いし。


味座山人はドトールの隣。
黒を基調としてるけど明るめの内装が心地よい。
スタッフの方はノリもよく、楽しくお酒が飲めます。

一番高い料理は1500円程度と安く、
地酒も良いものが揃っていて、じっくりと飲むには最適。

自分が気に入ったのは
「和野菜のサラダ和薬味風味」と比内鶏。
サラダは、にら、ねぎ、水菜のバランスがよい。
比内鶏って初めて食べたのだけど、コリコリして
食感が良いし、旨みがじわっと出てきて、正直
こんな美味しいさの違いが鶏肉にあるなんて知らんかった。

2チョは酔う為の世界って感じだから、ここで
やったりしてから仲通へと繰り出すのもいいな。
これから定番コースになりそうです。

※「火の音水の音」と店名が変わりました。

JR新宿駅 徒歩10分 
地下鉄新宿三丁目駅 徒歩5分 

営業時間:月〜土 17:30〜04:00
     日・祝 17:00〜23:00
posted by にゃ at 19:38| Comment(2) | TrackBack(1) | 呑み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

恵比寿「福笑」はデートに使え。

お金に余裕のあった先週の土曜日。
こりゃあなんか美味いもん食わなきゃーてことで
久し振りの知り合いを誘って恵比寿まで行きました。

自分、別に通でもなんでもないのですが、
居酒屋選びは妥協しません。
和民や養老なんてもってのほか。
予算のなかでのグッドチョイスをかなり吟味します。
今回のお相手も同じ考えの持ち主。
向かった居酒屋「福笑」の特徴を伝えると、
是非行ってみたいと言ってくれました。

スロウフードがブームを通り越して定番に
なりつつある今にぴったりの、産地厳選の素材を
食わしてくれるということで大いに期待。
マンションのインターホンを鳴らし、501へ。

予約しないと入れない!と聞いていたんですが、
早い時間のためか、まだゆったり感あり。
TVで見たときよりも内装はすっきりしてました。

クルクル巻かれた長ーい紙にメニューは書いてあり、
料理の上には産地がちゃんと書かれている。
全てが時価。自分、そういう店初めてかもしれない・・
本日のチョイスは、

自分の大好きな
・谷中生姜
・下仁田葱

お相手チョイスで

・クエの刺身
・ハマグリ
・黒豚の角煮、

そして、一番気になったアスパラを注文。
最後は冷や汁で締める。

選んだものが素材を大事にした調理のものばかり
だったのに、調味料を使いすぎちゃってないかな・・
特にハマグリ。しょっぱかったです。
谷中生姜が醤油の味しかしなかったのと、せっかくの
茹でただけのアスパラをマヨ+もろみ味噌で
食わせるのにはちょっとがっかりしました。
何も付けなくても美味しかったのに。
これなら、ほぼメニューがかぶってるお気に入り店
"葱や平吉"の方が、値段も安いし
お勧めしたい気がします。


しかしこの雰囲気、女性を口説くのに使えそうですね。
客層も、30代前半のあらゆる面で余裕のあるカップル。
そんな中で、自分達は濃すぎるSMの話をしてたんですがね!
「俺、今びびってるんですけど・・・」と先輩に呟いてた
スタッフ、あれはやっぱ自分達のことだろうか・・(笑)
posted by にゃ at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 呑み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。