2005年06月11日

会社の先輩との会話

年末だったか、先輩に
「今月お金が厳しいんですよ」
て言ったら
『じゃあ上野行ってくればいいじゃん』
と返された。


なんでも、先輩の友達(ノンケ)は、年末になると
ハッテン映画館へ小遣い稼ぎに行くのだそう。

自分は、その話を、さも知らなかったかのように
聞いているのだけど、後ろの席はヤバいとか、去年は
触るだけで良かったのに、今年は触らせなきゃいけないらしいなどと
近頃の事情まで知ってるのだからノンケって大胆だなって思います。
あんなとこ、怖いし、汚そうだから自分は絶対行けないな。


この話を思い出したのは、とある方のブログを読んだから。

「昔はノンケ偽装に必死だったが、今はあまり気にしていない」

という話を読んで、自分はどうやって社会で生きていくのが
自分らしいかについて、少し考えてみることにしました。


職場などではどう振舞っているか。

特に無理はしてない、バレてもしょうがないと思いつつも
基本的にはノンケを装うことにしている。
これは、ゲイのイメージはまだまだ誤解が多く
それに当てはめられることよりは、隠した方がより自然に
自分のキャラクターを理解してもらえると思っているから。



その誤解というもの、
発信しているのはメディアによるものが大きいけれど
ゲイ自身からも多くの要素を提供してしまっているんじゃないか。


例えば、今問題になってるmixiの画像やコミュニティ。

規約違反の画像やコミュニティを作るゲイの人がとても多くて
こちら側から見ても目に余る。

顔写真を載せてコミュニケーションをとる人が多いだけに
ノンケの利用者や運営者側から淘汰の動きが出た場合、事が
大きくなる可能性が高いのだけど、一部の人にはそういう意識が
少ないようで、あえて卑猥な画像を載せてる人も居る。

又は、公共の場での猥褻行為。
ある意味ファンタジックでもあって興奮する要素であるかもしれないが
最近はニュースで取り上げられる事件も多く
日本のような国では差別を拡大してしまう要素に大いになりうる。

これらは、ゲイ全体の話ではもちろん無いが
一般の人の中では、ゲイは、男女と同じ性対象ではなくて
性嗜好として捉えられている傾向にあるから
何か目立つ行動があれば一括りになってしまうこともある。
ジョナサンのBadi取材拒否の話だって、たまたま2丁目の呑み屋に
近い場所にあるから起こったことで、もし歌舞伎町にファミレスがあったら
店内は2丁目の客以上に迷惑な人間揃いだろう。

ゲイは男同士ということもあり、性的な欲求が他のセクシャリティより
高いというのは否定できない。世間的にも性的なイメージが強い。
ゲイであることと自分のスタイルは、全てがリンクしてるわけではないから
社会のなかでカミングアウトする必要も、今はあまり無い。


先のブログの方の立場というのは、まず自分自身を見てもらえる
環境が作り出せるからなのでしょう。
今の自分は、まだちょっと過渡期といった感じ。
現在のスタンスが、自然だと思います。







posted by にゃ at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

ケータイに着けるこんなケータイ

ke-tai.jpg


溝の口のTSUTAYAの前で、こんなガチャガチャがありました。

今のところ、docomoだけの模様。
他に、SO213iやP900iもありましたよ。


でもこれ、もっと精巧に、光るように作ったら
200円以上で売ることもできるんじゃないかな。
全キャリア揃えて。

どうすか?メーカーの人。
posted by にゃ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

「モンスター」って他人事じゃないし。

モンスター プレミアム・エディション
モンスター プレミアム・エディション



うわー・・・・・

ちょっと違う世界が観たかった女の子と
抱えきれない自分自身の改革を他者に求めた女という
夢見がちな人間が陥りやすい過ちを、ロックな感性でもって
バシバシ見せてくれるこの映画、身につまされすぎて
冷や汗が出ました。

人を愛することに、自分の救済を重ねてはいけない。
現実で生きる限り、地は一人で立つべき場所であって
それを孤独と混同してはいけない。
分かっているんですが、誰でもすんなり飲み込めるような
簡単な社会でないのも確かなんですよね。


この映画は多少脚色もあるでしょうが、実話に基づいた話と
いうことで、この後のセルビーの生活を案じると共に
人のスタートラインについて考えました。

障害のある人や、辛い経験をされた人、沢山の境遇がありますが
今現実に懸命に生きる人は、それに甘えて生きていても
その人生を全うすることができるだろうか?

勿論、他者は同情できるでしょうが
生きる当人にとっては何事も無く過ごしてきた人と
同じ社会に立っている意識があるはず。
だって、誰も自分の人生には代われないから。

そう思うと、甘えていてはいけないと、独りを嘆くより
一人で生きる努力をしようと、しゃきっとした気持ちになります。
救いの無い話ですが、決して凹むことはない作品です。
posted by にゃ at 23:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

夢のような嘘

image/satohtaicho-2005-05-25T21:10:37-1.jpgどうやら3ヶ月連続TDL行きになりそうだ。


今月の初めに友達♂と
来月飲み屋のイベントで
7月オフ会関係で。

入場の瞬間、本当に魔法がかったようにフワフワするあの感覚は
毎月体験してしまうと戻ってこれない気がして少し怖いが
行くからには余すことなく夢を楽しんでこなければ。


絵本の世界を忠実に立体化したプーさんのハニーハント
細かい演出で飽きさせない昼夜のパレードと
夢を夢とさせない努力はぬかりなく、自然と涙が流れてくる。
それを誰にでも許されているのがあの空間なんですよね。


みんなの夢は叶う、必ずしもそうとは限らないが
だからこそ大がかりな世界で言い続けなければいけない。

ジョンレノンが愛と平和を歌い続けたみたいに
突き詰めれば不可能なことでも、想いは残る。

ウォルトが作った、馬鹿みたいにハッピーな思想は
危険な程に明るい。
たまにはそんな熱に浮かされるのもいいのかもね。
posted by にゃ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

できればムカつかずに生きたい

ふっ、と怒りがこみ上げ、体が冷えていこうとするとき
自分は、ちょっと一呼吸して、少し考えてみる。


その怒りは正当であるか?
場の雰囲気を変えても得られるものがあるか?
怒りが相手にとって有効であるか?


非常に疲れることなのだけれど、近しい間柄でない人には
思いをストレートに伝えることは誤解を生みやすいと思う。

怒りを含めた言葉を理解させるのはとても難しくて
伝わらなければ、ストレスとして溜め込まれてしまう。

そこの所、自分はとても下手なので
できれば、ムカつかずに、ムカつかせずに、を心掛けています。

誰かの怒りが誰かの苛立ちになるループと
誰かが飲み込むことでの解決、そんな場面は沢山あるけど
これだけは馬鹿馬鹿しくてやってられません。
せめて自分の周辺ぐらいは、身を呈してでも
全力で終わらせたい。
posted by にゃ at 23:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

「下妻物語」で大いに泣いてみる

ブログやmixiでコメントを残す時、必ずと言って
いいほど自分の話を盛り込んでしまう。
「ところで自分は」「自分の場合」、いつも自分。
自分て言葉の無い文章が書けない。自分本位かよ。うわー

それでいて、自己を主張するのは苦手だったりする。

人に言わせると
「変に人に気を使っていて、誤解を沢山受けてそう」
なのだそうだ。

ああ、まあ、確かに。


本当は、人の迷惑も省みず、我が道を走っていきたいのです。
単なる派手な人生ではなく、アイデンティティの主張として。


「下妻物語」はかなり泣ける作品だと思う。
実際、自分は終始咽び泣いていた。
桃子のような生き方が、憧れながらも
絶対にできそうにない、孤高の極みであるからです。

のっけから、自己中な言論で始まり
くどくて根暗、しかも差別満載の酷い言葉を吐く
性悪女は、弱いからこそ、固い決意で迷走するのだと言う。
それは、まともな人間ならば「可哀想な人」と思うだろうし
その意見は恐らく正しい。自分自身で居続けることって
無駄が多いし凄く子供じみていて、良い生き方とはいえない。

それでも、諸所に表れる桃子の思想が、どうしようもなく
自分の今の気持ちとリンクしてしまう。
迷いながら、中途半端に何かを選んで傷つくのならば
可哀想なほどに派手で孤独な人生を送ってみたい。


「大切なものを見つけたら絶対に離さない、守り抜く。
 甘えてちゃ、だめだよ。」

桃子はイチゴという親友を手に入れるが、二人には
寂しさから来る馴れ合いなどないし、繋がってもいない。
大切なものを守り、貫く、そんなシンプルな想いが同じ向きにあるから
お互いを認め合えるのでしょう。



小説を半分読んだ後でDVDも観てみると、やはり多少、方向が
違っていますが、小説でイメージできない、演出できない部分を
きちんと具体化しているので、これはセットで味わって欲しい気がします。

妙に熱く、ダサく語ってしまいましたが、良いのです。
自分てこんな奴。
これからもっと濃くなりたいと思います。


下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん
下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん
嶽本 野ばら
posted by にゃ at 16:25| Comment(3) | TrackBack(2) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

東北旅行3泊4日 三日目

龍泉洞→北山崎→仙台(牛タン利休)→六尺バー


龍泉洞.jpg


どこまでも澄んだ水に感動・・次の瞬間、血の気が引く。
洞窟って、多足類が生息しているのですね。
冷や冷やしながら洞内を周ると入り口ではキィキィ泣く声が・・

ちょっと静かすぎる北山崎で休憩し、しばし考える。
このまま帰れば、叔父も疲れるし。


予定を追加し、仙台へ!
仙台と言えば牛タンですよね。


利休.jpg
雑誌にも載っている牛たん炭焼き 利休は、地元民も
認める優良店。

ボリュームが半端じゃない定食も勿論売りですが
提供時間が早い為に客の回転も良く、並んでいても
あまりストレスを感じることなく順番を待てます。
ちょっと驚きました。


さて夜中はどうしたもんか。


仙台のバーは16件前後あるらしい。
その中で入った一軒目のお店では、よくしゃべるオジサンが居て
意気投合し、というか便乗し、二軒目のお店へ。

二軒目のバーはなんと六尺バー。
ちょっと興味あったんですが、叔父は全く興味は無し。
その濃すぎる空間と、先のオジサンに疲れて先に帰ってしまう。

自分はというと、その場に居た人に、流れに任せて締めてもらいました(笑
ちょっとハマリそう・・・そして朝帰り。

次の日、多少ぐったりしていたが、思ったより早く
家路着くことができ、そのあとぐっすりねむりました。

今回も叔父に有難うとお疲れ様。
去年よりも楽しい旅でした。
posted by にゃ at 23:57| Comment(5) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北旅行3泊4日 二日目

田沢湖→乳頭温泉郷→後生掛温泉→盛岡(ビジネスホテルとバー)


田沢湖.jpg

ちょっと、スワンに乗りたかった。

でも、秘湯は人を待ってはくれない。
まずは乳頭温泉郷にいきました。

くねくねと回っていく道はとても雰囲気がある。
なんていうか、殺人事件が起きそうな・・TVの見すぎか。
すっかり有名な温泉地のため、行きの車、帰りの車共に多い。
駐車場は停められるかどうか・・昔はそんなのも無かったんだろう。

乳頭温泉郷.jpg

脱衣場の靴の多さに驚いたけど、湯船はとりあえずキャパはあって
でも、ゆったり入れる感じではない。比較的若い人が多くて、後に
出かけるバーのマスター曰く、「良い体が見れることで有名」だって^^;

そのまま次の温泉、後生掛に行く。

ここの古い建物は、思い描く湯治場の雰囲気直球。
箱型の蒸し風呂に入り、泥湯に入り、気分満喫です。


この日の宿は、ビジネスホテル。
やることが無いのでバーでも・・
盛岡の6件のバーのうち、場所が分かったのは2件だけで
しかしどちらの2件も好印象でした。
特に2件目のお店のマスターかっこよかったなぁ。

posted by にゃ at 22:14| Comment(2) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北旅行3泊4日 1日目

 蔵王お釜→立石寺(山寺)→銀山温泉→鬼首(ペンション)


山寺.jpg

一つの都市に住んでいると、すっかり忘れてしまう。

桜前線は流れる。

立石寺の満開の桜は、ゆらゆらと散っていて、水田や山といった
田舎の景色に似合ってとても綺麗でした。
息を切らす長い階段もなんだか楽しくて、ガンガン進むと
頂上はとても朗らかな空間で、奥の院や開山堂をゆったり見物。
下山後、高砂屋本店の二階で食べた、そばと天婦羅も美味しかったです。


東北旅行1日目は、車の混雑もなく、気楽な旅となりました。


銀山温泉.jpg

銀山温泉は、昼間でもやはり風格と歴史ある温泉街。
藤屋が改装中だったのは残念だけど、しろがね湯が
二人でゆったり使えたのはちょっとラッキー。

鳴子の温泉に浸かり、鬼首のペンション、アルピーヌに着くと
なんだか気持ちよくてすぐに寝てしまいました。

アルピーヌ.jpg
posted by にゃ at 21:18| Comment(2) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

旧芝離宮恩賜庭園

050423_1617~0001.jpg

050423_1530~0001.JPG

浜松町の駅周辺は、元は海だったらしい。

埋め立てたのは遥か昔だという事実に驚きます。


1678年、大久保忠朝が造らせたこの庭園は
残念ながら第二次世界大戦で建物が焼けたそうで
今は柱だけが残っています。


周りはビルが並び、モノレールが走り、JRの発着ベルが鳴る。

それらに融合するように存在し、都会の速度と癒しのリズムとに
接点を作り出しているこの場所は
歩き出す為のちょっと一休み、を得られる
素敵な空間です。


浜松町という街自体、夢や理想があった時代に描かれた
近未来の姿といった感じでとても不思議です。
posted by にゃ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。